コンタクト

メールアドレス:

1行紹介

自己紹介文

いわゆる団塊Jr世代のサラリーマンです。同期の数がバカ多いことから受験、就職活動と苦労をし、その割にはバブル世代の様においしい思いもできず、親の世代には「勝ち逃げ」を決め込まれ、怖いもの知らずの若者世代からは突き上げを食らう、そんな貧乏くじ世代を体現した様なひがみ根性の持ち主です。
ボロは着てても心は錦、根性はひん曲がっていても、性根は折れてまへん!下僕の様に毎日を行きながらも、いつか真の漢(おとこ)になるべく、精進を続けていきます!

通称:下僕
性別:男
年齢:36歳
住所:北米の田舎町
家族:妻。通称トン。
職業:某メーカー勤務の財務系サラリーマン。この仕事は向いてない・・・と今まで何回思ったことか。転職歴1回。
得意技:ひがむこと。被害妄想と自己嫌悪。「こんな良いことが自分に起こるわけはない」が発想の原点。
趣味:テニス!!最近趣味の域を超えてきている。あとは本読んだり音楽聴いたりかな。音楽は1990年代後半くらいで時間が止まってます。
愛車:RX-8とは泣く泣く別れ・・・新たな出会い募集中(笑)

興味のあること

テニス遍歴,  1987年:高校時代に女にもてたくて始める, 1990年:大学に入って体育会系テニスサークルに入ってしまったのが運のつき、女性に縁がない上に、「気合で頑張ります!」と言えばなにをしても許される文化に浸る。一応「オール○○」にはなったような気がする・・・, 1994年:会社に入る。一気にやる気をなくし、テニスは年1回に・・・, 2002年:結婚。トン(妻のこと)につれられ、8年ぶりにテニス復活。このときはまだ良かった・・・, 2004年:.パ○ン王国という妙な名のサークルに入る。ここで「テニスバカ」と呼ばれて喜んでいる男(女)達を知る。この時ならまだ引き返せた・・・, 2006年:パ○ン王国の主力?メンバーに。土日に雨が降ると人の一人や二人呪い殺せるほど腹が立つようになる。今となってはもう・・・, 2008年:多くの戦友と出会い、テニスに仕事に酒に打ち込む日々を送る。そろそろ漢(おとこ)への道が見えてきたか・・・というところで、まさかの北米転勤。試練の道は続く・・・