« singing in the rain | トップページ | 日曜の憂鬱 »

2006年2月26日 (日)

黄金の腕

本日は試合が雨で流れ、読書を決め込んでます。

Photo_5今日の本はこれ、阿佐田哲也著「黄金の腕」です。阿佐田哲也といえば「麻雀放浪記」が圧倒的に有名ですが、ホント凄い作家だなと思います。一発で読者をつかむストーリー展開は別として、登場人物の苛烈な人生が、実にリアルに描かれています。当然フィクションなのでしょうが「世の中にはこんなきつい世界に住んでいる人たちがいるんだ、それに比べればサラリーマンなんて、なんて楽なんだろ」と思わせてくれます。従い、つらい時に読むことをお薦めしますですと。あと、読後はやたらと喉が渇きますので、そのつもりで。

で、この黄金の腕ですが、短編集ですので、「麻雀放浪記」とはちょっとスタイルが違います。文学雑誌に連載されたこともあり、阿佐田哲也と色川武大の中間点に位置する様な感覚を覚えます。タイトルにもなった短編は、ストーリーの展開、伏線の張り方、結びと完璧です。何がいいって、このタイトルが良いですな。

|

« singing in the rain | トップページ | 日曜の憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43843/854183

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の腕:

« singing in the rain | トップページ | 日曜の憂鬱 »