« はじめの一歩 | トップページ | アクセスカウンター »

2006年2月 5日 (日)

ヒンギスvsディメンティエバ

下僕、本日風邪のためテニスができず、東レPPOの決勝をテレビ観戦です。

全豪で本格復帰したヒンギスとディメンティエバ、ランキング的にはヒンギスが100位台と、一桁台正確なランキングは調べりゃ分かるのだが面倒くさいのでこの表現のディメンティエバに比べてかなり下だが、そこは元女王。巷の評判もテレビの解説もヒンギス優勝一色です。

こうなると下僕的にはヒンギスは応援できまへん。ディメンティエバを大応援です。ところが、天の神様までひねくれ者だったのか、この日のディメンティエバは神がかり的な強さを発揮してヒンギスを一蹴。2ndセットにいたっては6-0です・・・強すぎる。下僕的には爽快だが、テレビ的には苦しかったんだろうな。画面の斜め上に出ているテロップっていうのだろうか?正式名称不明は「復活ヒンギス、5回目の優勝へ」ではじまり、最後は「ヒンギスピンチ!注目の第二セット」みたいな感じで終わってた・・・「注目」っていったって、0-5じゃん!と一人で突っ込んでみたが、まさかの展開にテレビの編集さんも弱ったことでしょう。担当者のご冥福を祈ります。

ところで、このディメンティエバ、このビジュアル的にもプレー的にも悪くないのですが、今いちメディアの露出が少ないと思うのは下僕だけでしょうか?確かに華のない無愛想な感じですが、勝利の瞬間に「きゃ~!」って黄色い歓声を上げて飛び上がるあたり、かなりかわいかったんだけどな~。せめて上述のテロップに「ディメンティエバ、念願の初優勝か?」くらい書いて上げればよかったのに、と最初は思ってましたが、ここまで書いてきてその理由が分かりました。名前がなげぇんだよ名前が!タイプ打ちするにもいちいち時間がかかるんだよね。特に何がつらいかって、あの小さいイだね。デメンテエバと2回も出てくる。

よく考えたら歴代のメジャープレイヤーにこういう名前(小さいイとかエが2回も出てくる名前)って少ないんじゃないかな。記者が面倒になって記事に載ることが少ない⇒メディアの露出が少ない⇒プレーはすごくても人気がでない⇒いまいち自分に自信がもてない⇒競り合いに弱くなって、試合でも勝てなくなる⇒メジャープレイヤーになれない。実はこんな法則があるのでは無かろうか、と下僕は思いましたが・・・あるわけないな、やっぱり。

|

« はじめの一歩 | トップページ | アクセスカウンター »