« 火宅の人 | トップページ | 地獄の季節 »

2006年3月12日 (日)

反省

本日は江戸川区の団体戦でした。最近団体戦づいています・・・学生時代に戻った様で、楽しいものがあるとです(^.^)

男子ダブルス3、女子ダブルス2の計5本での勝負ですが、わがパ○ン王国チームの参加メンバーを見ると、女性陣は市民大会・草トーで名の知れた猛者美女が勢ぞろいなのに比べ、男子は無名な人たちばかり・・・必然的に作戦は「女子で2本とる。男子は3本ありゃ1本は取れるだろ」となります(^_^;)
メンバーからは「これからは「王国」ではなく「女王国」にしよう」という声も上がりましたな。

で、結果は3Rで負けちゃいましたな。下僕自身も1-1で回ってきたダブルスで1-6の完敗。。。正直へこんでおります。相手の球が速かったのは事実ですが、男子ダブルスで1-6で負けちゃいけません。久しぶりの自分が力を出し切れなかった、後味の悪い負け方です。思いつくままに反省点を列挙すると・・・
①自分達のスタイルに固執しすぎた。
 始まる前には「相手の足元に沈めてボレーで勝負!」と話していたのですが、相手サービスに上手く合わず、リターンミスを量産型ゲルググ・・・ふと気付くと1-4ダウンだし、よくよく見てみりゃ相手はサービスダッシュして無いじゃん!まずは返して何ぼという試合の大原則を忘れておりました。
②流れが悪いときのゲームプランを用意してなかった。
普通ダブルスというのはどっちかが悪くても、もう片方は良かったりするもんですが、今回は最初から2人ともあたりが悪かったです。で、そんなときには失点を最小限に食い止めるプレーをする必要があるのですが・・・頭では分っているんですがね・・・。①に通じるのですが、ボレー勝負という攻撃型のスタイルは防御に弱いです。相手の球速に上手く合わないときは、まずは耐えてラリーをすることが必要なんですね。
③コミュニケーションが足りない。
初めてまじめに組むペアという事もあって、上記の様なことを話し合うタイミングがつかめませんでした。彼はストイック系ですので、ミスをすると黙りこくってしまう・・・実は下僕もその傾向があるので、彼の気持ちは実に良く分る・・・のですが、やはり特に流れが悪いときには、もう少し間を取った方がよいですね。
060312_2049

あと、悲しいことがもう一つ、私の相棒サングラス君が負傷しちゃいました。力が変に加わったのか、サングラスとラケットを持ち替えた拍子に「ボキッ」という音が・・・半年程度苦楽をともにした「戦友」ですが、再起不能でしょうか?結構高かったのに(T_T)。

|

« 火宅の人 | トップページ | 地獄の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43843/1013011

この記事へのトラックバック一覧です: 反省:

« 火宅の人 | トップページ | 地獄の季節 »