« 上手くいきません・・・ | トップページ | 漢(オトコ)練 »

2006年3月19日 (日)

本日の思索

当ブログのテーマは「下僕から真の漢(オトコ)」への成長でございます。

強敵と書いてトモと読む、親友と書いてマブダチと読む、そして漢と書いてオトコと読む、彼女と書いてアイツと読む、なんてのもありましたなそんな世界の話ではありますが、まぁ、分不相応なテーマではあります。

以前から思っているのは、「良い時に良いオトコでいられるのは簡単だか、苦しいときにどう振舞うかで自分の価値がわかる」というもの。テニスでも仕事でも、苦しいときつらいときはありますな、そこでどうするかです。「この一球は絶対無二の一球なり」で有名な福田雅之助氏ですが、氏は「勝敗が決まった瞬間に注目すべし、勝者は正体を出さないが、敗者はその正体を現す」みたいなことを言っております。

例えば、先日紹介させて頂いたタコ君さん、この方は勝って奢らず、負けて乱れず、で本当にその立派な人格には敬服しております。他にも「負けてオトコを上げる」人がいますね。本当、そんな人たちは立派だと思います。

ところで、下僕は思うのですが、
そんな立派な人たちも本心ではどう思っているのだろうか?もし本心から淡々としていられるのは、単に真剣にやっていないのだけではないか?
仕事でもテニスでも失敗を口惜しく思わない人は進歩しないのではないか?
結論としては、「失敗した口惜しさを自身の責任として受け止めるとともに、それを自分の心の中にしまっておける人」がすばらしい。ということになるのでしょうが、これって単に「感情を表に出さない」ことを良しとしているだけでは?とも思ってしまいます。

415070451109_ou09_pe0_scmzzzzzzz__1 訳が分らなくなってきましたが、何でこんな話を出したかというと、最近の自分、試合で負けた時の態度が良くないことを感じているが故です。今日も駄目だったな~あぁ自分はほんとちっちゃいです。
落ち込んだところで、本の紹介を・・・

ハードボイルド小説の権化、と言っても過言ではないチャンドラーのフィリップ・マーロゥシリーズの最高傑作「長いお別れ」です。ラストシーンの見事さは今でも感動ものです。それから結びの一文の素晴らしさ!下僕は最後の一文はその作品の出来を象徴している、という考えを持っていますが、この作品のそれは、ずっとランキングのNO.1の座に居座っています。あぁ~今思い出しても鳥肌もんです。

明日から仕事・・・「苦しいときこそその人格が問われる」を胸に頑張るでごんす。

|

« 上手くいきません・・・ | トップページ | 漢(オトコ)練 »

コメント

おはようございますぅ

私も負けたときの自分の態度がカッコ悪いと思うときが多々ありますよ(^。^;
自分が可愛いので、負けた言い訳をあれこれ考えようとして、情けないなぁ~なんて思う事があります。
結局は自分が弱い(技術的にも精神的にも)から負けてるし、それを正面から受け止めて改善しようとしないと成長しませんよね。

ところで、このblogのテーマである『漢(おとこ)』でgoogle検索をしたら、『あなたの漢(おとこ)のサムライ度チェック』なるものを見つけました。

http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c032

私の結果は・・・
『あなたの漢気度は【4%】ぐらいで夜な夜な欲望のまま戯れる【フランス貴族】の血をひいています。』
でありました(笑)

投稿: タコ君 | 2006年3月21日 (火) 07時08分

コメントありがとうございます!
私は試合が劣勢になると大抵負けたときの言い訳を考えてます(^_^;)。結局「失敗は成功の素」の精神で、敗戦を上手く行かせると良いのでしょうね。私は負けると大抵飲んだくれて忘れることにしてますが(笑)。
サムライ度チェック、あれほどストイックな生活をしているのにフランス貴族ですか(笑)。
自分でも試しましたが、これ最高ですね!すみませんが、これネタに使わせてもらっちゃいますo(^O^)o。このネタ大好きですので、会社の人間にも広めますね!

投稿: 下僕 | 2006年3月21日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43843/1097348

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の思索:

« 上手くいきません・・・ | トップページ | 漢(オトコ)練 »