« 今週の下僕 | トップページ | トンネルを抜けると・・・? »

2006年5月22日 (月)

下僕的ゲーム論

たびたびの更新遅延、あいすみませぬ。

さて、先日下僕のマンガ論をお話ししましたが、本日はゲーム論についてです。

日本のゲームは凄いっすね。良質なものがほんと多いと思います。最近はグラフィックも本当きれいだし、アメリカを日本のゲームが席巻しているのはホント、よく分ります。

もっとも下僕、アクションやRPGはあまり好まず、シュミレーションゲームを著しく好んでおりまして、その点世の皆様とは好みが合わないとは思います。ドラクエは3までですし・・・

「三国志」「信長の野望」をはじめとするコーエー物、それから高校時代には「大戦略」という奴にはまりましたね。この手のゲームはリアリズムと簡略化のバランスが決めてかと、当然リアルであればあるほど面倒くさくなって、つまらなくなるのですが、あまりに簡略化しすぎるとそれはそれで物足りず・・・いつの世もお客様は勝手なことを言うものです(^_^;)

大学生くらいからあまりやらなくなっちゃいましたが、それでも、何かのきっかけで憑かれたようにハマってしまう。というのが下僕のパターンでございまして、今ハマっているのが「ギレンの野望」。最高難度のレベルをクリアすべく、毎日睡眠時間3時間で格闘しております。完全にバカです。昨日にクリアする直前までいったら、キシリアが反乱を起こして・・・下僕がプレーすると、さすがのギレン閣下も人望がなくなる様ですな(^_^;

|

« 今週の下僕 | トップページ | トンネルを抜けると・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43843/1887247

この記事へのトラックバック一覧です: 下僕的ゲーム論:

« 今週の下僕 | トップページ | トンネルを抜けると・・・? »