« また新兵器 | トップページ | 整形外科へ! »

2006年6月13日 (火)

頑張れ日本!

全仏が終わったら、あっという間にW杯ですね。

日本戦はさすがに見ました。もちろんキャバ職場での話題つくりのために、ですけど(^_^;)。下僕、こう見えても中学生時代はサッカー部で、マラドーナの5人抜き6人だっけ?を深夜に見て、胸を熱くしておりました。そのマラドーナも薬物中毒であんなになってしまったし・・・時間の流れは容赦ないですな。

日本戦、惜しかったですね。後半39分から9分で3点失点!選手の無念は推して知るべしです。そんな中、色々感じた雑感を申し述べます。

1.勝ったと思った瞬間に負けが決まる法則
恐らく日本選手のほぼ全員が、1点目を失うまでは勝ちを確信していたでしょう。きっと宮本あたりは試合後の談話まで考えていたのでは独断と偏見ですが。下僕の個人的体験では、試合中に勝ちを確信して試合後のコメントを考えたり、チャンスボールを見て決まった後のガッツポーズを考えたりしたときは、ほぼ間違いなく逆転負けを食らったり、ミスります。やっているときはそれなりに必死になっていて、決して「慢心」ではないのですが・・・余計なことを考える時点で集中がキレているという事なのでしょうか?

2.戦力逐次投入のタブー
日本人の悪い癖として有名ですが、ジーコ監督の選手交代も中途半端&遅すぎ感がありました。結果論ではありますが、もっと小野を早く投入するか、疲れが見えていたFW二人を交代させていれば、違った結果になったのでは。会社でもよくありますが、不採算事業に中途半端な支援を繰返して結局大損という奴です。その点トヨタさんは偉いもので、「トヨタは決して失敗しない、なぜなら成功するまで止めないから」という格言もあるくらい。もっとも、実際にその渦中にいるとこの手の決断は難しい、というか担当レベルではまず不可能でしょう。やはりトップの決断が大事で、その点ジーコ監督は試合後に相当くやしかったのではないでしょうか。

3.逃げ切りの難しさ
テニスと違ってサッカーは時間切れがありますので、逃げ切りは楽かと思っていたのですが・・・どうやら違うようです。解説者の人が指摘していた様に、2点目をとれるチャンスがいくつかあったのを逃したのが結局敗因だったのでしょうから、やはり出だしに多少リードしたところで、安易に守りに入ってはいけないのですね。もちろん、専守防衛も良いのですが、それがどこまで相手にプレッシャーを与えているかを考えていかないといけないのです。その点、テニスの逃げ切りは本当に難しいことを実感。

4.リーダーシップの重要性
下僕的には、一番大きなポイントは1点目の失点の時にある様に感じました。あの時ちゃんとしたリーダーが「まだ同点。何の心配も無い。」と宣言してチームを落ち着かせ、「あと○分ある、それまでこれだけはしっかりやろう!」とチームの意識をこれからやることに集中させることが出来たのなら、2点目の失点は無かったのではないでしょうか。朝鮮戦争時の韓国軍司令官白将軍は「リーダーは何があっても驚いた表情を出してはいけない」と言ってます。中田もさすがに動転していた様には見えませんでしたが、チームの意識をこれからのことに集中させる余裕まではなかったように思えました。

5.人間の真価は苦境にこそ現れる
下僕が常々感じていますが、苦しいときにどう振舞うかでその人の価値が決まります。今の日本代表がまさしくそうで、内心では混乱の極地でしょうが、さすがは一国の代表。取り乱している人はいませんでした。個人的にはクロアチア戦、いやブラジル戦でさえも相当面白い試合になるのではないかと思います。

以上、つらつら書いてきましたが、本当に簡単なんすよね言うだけなら。

上記の事項は自分自身の身で起こった幾つかの不幸な出来事を踏み台にしておりますが、もう一度同じ状態になってもまた同じ失敗をする自信ありますです。

最後に下僕の好きな言葉のやりとりを
シチュエーション:科学戦隊ガッチャマンで、悪役がガッチャマンに敗退し、部下から敗報を聞くときの一幕。

悪役「おのれ~、ガッチャマン。またしてもやられたか・・・」
手下A「○○さま、敗れはしましたが、一つだけ良いことが!」
悪役(機嫌を直して)「おぉ~!何じゃ申してみよ!」
手下A「はっ!失敗は成功の素でございます!」
「ボゴっ!!」(手下Aがぶっ飛ばされる音)

ガッチャマンは名前くらいしか覚えていませんが、このシーンだけは、何故か鮮明に覚えてます。まだ「ボケと突っ込み」という役割分担が発明されていない時代でしたので、この会話の斬新さゆえでしょうか。

|

« また新兵器 | トップページ | 整形外科へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また新兵器 | トップページ | 整形外科へ! »