« 頑張れ日本! | トップページ | 来たぜ!新兵器パート2 »

2006年6月15日 (木)

整形外科へ!

月火と比較的早く帰れたことから、思わず筋トレをしてしまいました。

といっても、腕立て・腹筋各50回、スクワット30回に空気イス2分とそんなに重くないのですが、そのリバウンド?か今日は朝から首がものすごく痛くなってまいりました。

やむなく、会社近くの整形外科へ。スポーツ選手が良く行くところ、という前評判を聞いていましたが、確かにいたる所に巨人の選手と院長先生の写真が貼ってあります。ちなみに下僕、生粋のロッテファンですので、ここではプロ野球の話はすまいと心を決めてから受付へ。

ついでですので、首のほかに足の裏が妙に痛むのも診察してもらうことにします。
診察してくれたのは、ひげの先生で、外見的にはかなり怪しい部類に入りますが、思いの他丁寧に診てくれました。

1.首について
結論はずばり「原因不明」。可能性としては①椎間板ヘルニア②頚椎の変形による神経の圧迫③ただの筋肉の炎症とのことですが、
レントゲンを見る限り①はなさそう。
②はありえるが、その場合痛くなる箇所が違う
残るは③だが、3週間たってまだ痛いのはおかしい
というわけでよう分らんとのこと。一応③の線で治療をして、痛みが治まらなかったら①のヘルニアを疑いましょうとのことでした。

2.足の裏について
診察の段階で「足膜炎」と即断。念の為レントゲンをとりましたが、先生曰く「足の形は普通だけど、骨は扁平だね~」。確かに診てみると、足の骨が一直線に・・・
ガーン!自分は偏平足だったのか・・・
かなりショックです。何か進化が遅れた原始人みたいだし・・・いや確かに頭は良いほうではないのですが・・・
ここについては、土踏まずをサポートするサポーターをつけることになりました。ちなみに足の甲側を鍛えるトレーニングも紹介されました。タオルを床に敷いて、その上に足を乗っけて、足の指でタオルを手繰り寄せるという、時々テニス雑誌で紹介される奴でしたが、先生自ら「まぁ、僕だったらこんなのやる気しないけどね」と断言なんて正直な先生だ、下僕もありがたく辞退させて頂きました。

一応、首から背中に掛けてレーザー治療をしてもらいましたが、ほとんど痛みは変わらず。担当の先生から「少しは良くなりましたか?」と聞かれてつい「えぇ、少し軽くなった気がします」と応えてしまう八方美人振りには、我ながら苦笑を禁じえませんでした。まぁ、極力敵を作らないのが、サラリーマンの鉄則ですから・・・
もっとも、一週間は安静にする様にとの指示を受けたときにはちょっと顔を引きつらせながらの「ハイ!」しかできず。今週末のダブルスの試合はさすがに休めないんだよな~

最後に会計をしてびっくり!1万2千円也!
どうやら保険証を忘れたために、5千円を保証料としてとられた上に、サポーター代2600円が乗っかりこの値段になったとか・・・それでも保険を使って診察料約5千円ですから、いくらレントゲンを6枚撮ったからと言って、やはりお医者さんは儲かるんですな。

早速足のサポーターを着けて帰りましたが、これが実にすごい!ずっと青竹を踏んでいる感じで、土踏まずがぐいぐい押されます。いわゆるイタギモって奴ですが、これで本当に良くなるのか少し不安です(^_^;

|

« 頑張れ日本! | トップページ | 来たぜ!新兵器パート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張れ日本! | トップページ | 来たぜ!新兵器パート2 »