« ATFシングルス参戦 | トップページ | 湿度との戦い »

2006年7月16日 (日)

ATFシングルス 本選の巻

昨日に続き、本日はATFの本選でございます。

昨日より若干気温は低めだったものの、湿度は同等。よって、昨日並みのハードな試合が行われそうです(^_^;)

注目のドロー決めのくじですが、鬼門の初戦はおじ様プレイヤーでした。ところどころキレのあるショットを決められたものの、球を散らして6-1で勝利。今回はくじ運良かったようです。で、次のQFが・・・パコンの盟友ミッチーさん!彼は初戦で優勝候補と言われていた実業団選手を上手くはめ殺して余裕の2R進出だそうです。この人、苦手なんですよね~。何がいやだって、質はともかくプレイスタイルが似ていて、かつストロークもボレーも相手の方が上手いんですから勝てる気がしません。
ストロークで相手を走らせて、ネットで決めるオールラウンドプレイヤーで、そのバックのスライスたるやハエがとまるほどの遅さで、全然浮かないし弾まない。特に遅い球を使うのが上手いため、自分の様に相手の球のスピードを利用するタイプはどうしても無理して打っていかざるを得ず、結果ミスが増えて撃沈、というのがミッチーさんとやる時の「負の方程式」でございます。

下僕サービスから試合が始まり、まずはあっさりキープです。次のレシーブゲームが熱かった・・・幾度もデュースと繰り返し、途中2回の雨による中断をはさんで、このゲームだけで30分くらいやっていた様な気がします。このゲームを落としてやなムードが漂うものの、次のゲームをキープし、その次のゲームをやっとブレークするものの、すぐにプレークバックされて3-2で折り返します。
どうも相手は連戦の疲れでしょうか、本調子では無い様子が感じられます。なので、とにかく攻める展開を作ることに集中した結果、2ゲーム連取して5-2アップまで行きました。これで何とか勝てそう、と一瞬思ったのですが、やはりそんな甘い相手ではなく(^_^;)次の2ゲームも先にネットに出たんですが、上手くしのがれて連取され5-4アップの相手サーブとあいなりました。と、ここで奇跡が・・・普段堅実なテニスをするミッチーさんが2回もダブルフォルトをしてくれまして、このゲームをブレークし6-4で辛くも逃げ切り・・・
いやぁ疲れました・・・。前回パ○ン王国の部内戦で当たったときもそうなんですが、この人はいつも簡単に勝たせてくれません。明らかに不調なときでも、私レベルの攻撃なら十分にしのげるショットがありますし、何より精神的に崩れないので、流れがこちらに来たときにきちんとポイントを取っておかないと、必ず巻き返しを食らいます。あのプレッシャーはやったことがある人じゃないと分からないだろうな・・・

次のSFはKさんという若者で、外見的にはかなり強そうです。で、実際にショットも強い(^_^;)。序盤は上手くしのいで2-2までいきますが、ネットプレーでミスが出て2-4にされます。ここで、ブレークバックして3-4にするものの、その次のゲームをキープできず、3-6で敗北でございます。フォアもバックもしっかり構えるとすごいスピンの効いたパスが来ますので、スピードはそれほど速くないものの、ボレーで上手くあわせることが出来ませんでした。その前の試合で精神的にも肉体的にも相当消耗したこともあり、最後の方は恥ずかしながら集中力が切れてしまい、ワンパターンな展開を繰返してしまったのがいけなかったですね。序盤はサーブ&ボレーとラリーからネットに出て行く展開を交互に織り交ぜていたのに、最後はとにかくバカみたいにネットに詰めておりました。そりゃ抜かれるだろって感じです。

というわけで、この試合はベスト4。なんとか目標であるS県大会の予選出場資格を得ることが出来ました。今日の試合を振り返ってみると

良かった点
・フォアハンドが結構入った。
→今日は足を上手く合わせることと、打点を前にすることを意識してみました。たまにホームランがでたものの、下僕としては合格点です。フォアのクロスの打ち合いからストレートアタック、という今まで出来なかった展開が今日は何回か成功しました。
・自分のスタイルで良いプレーが出来た。
→バックのスライスからネットに出て、ボレーもしくはスマッシュで決める。というパターンが割と上手く機能しました。いつもだとアプローチが段々キレをなくしてくるので、無理をしてアプローチの段階でミスをすることが多いのですが、今日はアプローチ自体のミスは少なく抑えることが出来ました。足を動かすことに集中した分、いい打点とタイミングでアプローチショットを打てたのが良かったと思われます。
・自分を責めなかった・・・
→なんだかんだいって、これが一番大きいと思います。例えば相手をラリーで追いこんで上がってきたロブをミスったとします。今まではそれこそ心の中で自分に対して罵詈雑言の嵐を見舞っておりましたが、今日は「ラリーを相手を追い込んだ!すごいじゃん自分!」とひたすら唱えておりました。

一方、悪かった点は
・イージーミスが多い。
→自分は昔からこれが多くて・・・。特に負けた試合ではダブルフォルトとスマッシュのイージーミスがありました。あと、ゲームポイントで簡単なフォアのハイボレーもミスったし・・・。こういうのは、どう直したらいいんでしょうね。当然意図的にやっているわけではないので・・・普段の練習からこの種の「うっかりミス」を極力避けるしかないのでしょうか?負けた相手の方から「決めのボレーはグリップを多少厚くした方が打ちやすい」とのアドバイスを頂きました。
・展開がワンパターン
→特に疲れていたり、ビビッているとそうなのですが、責め方が単調になってしまいます。攻撃のバリュエーションを増やすことと、ビビッた時にはベースラインでシコリ続けることを可能にするストローク力を身に付けることが課題です。
・バックハンドのスピンが入らない・・・
→練習します。これが打てないとパスが打てないことになりますので・・・。

こうして列挙してみると、学生の時と同じような課題を未だに持ち続けていることに、感嘆すら覚えます。自分、成長がありませぬ。

そうそう、今日n-bladeもう一本買っちゃいました。これからはプリグラから本格的にこちらに移行する予定であります(^_^;)

|

« ATFシングルス参戦 | トップページ | 湿度との戦い »

コメント

試合お疲れさまでした。
良いゲームが出来たようですね。
自分の考え方一つで同じ出来事(プレー)も評価が変わってしまい次のプレーに影響が出ます。凄く大事な事に気が付きましたね!
新兵器も揃い秋シーズンに向けて万全ですね!

投稿: マイケルチャンス | 2006年7月17日 (月) 22時10分

有難うございます。
全くご指摘の通りで、自分の気持ちの持ちよう一つで、プレーがかなり変わることに気付きました。
新兵器はいいですよ(笑)。もちろん、万能ではありませんし、まだまだ習熟が必要ですが、自分にはあっていると思います。最近はお忙しそうですが、また練習しましょう!

投稿: 下僕 | 2006年7月18日 (火) 00時21分

ジジジジジンジャー様に勝利ですか?!?!もう誰も下僕とは呼ばないでしょう(笑)おめでとうございます!反省もされていて素晴らしいですね~。

投稿: 逆立ちマン | 2006年7月20日 (木) 22時09分

有難うございます!
やはり、強い人に勝てたというのはすごく嬉しいですね。ただ、次の人には割りとあっさり負けてしまった感がありますので、自分はまだまだです。暑い時期に練習を多くこなして、秋のシーズンで少しでも良い結果を出せる様に頑張りますです!

投稿: 下僕 | 2006年7月20日 (木) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ATFシングルス参戦 | トップページ | 湿度との戦い »