« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

メンタルたふねす

先週末は涼しくてよかったのですが、また暑くなってきてまいりました。

今週末は某C県の県大会予選があるのですが、さすがは県大会、かなりの猛者が予選から出てくるので、体力がない下僕としては少しでも涼しくなってくれるのを祈るのみです(^_^;)

試合といえば、暑さとの戦いもさることながら、典型的な小心者である私が一番懸念しているのが、メンタル面での弱さです。何が悲しいって、チキって何も出来ずに終わった試合ほど悲しいものは無いですよね。

もちろん、その手の本は一通り読みました。ただ、ジム・レーヤーもティモシーガルウェイ、そしてB・ギルバードですらも、救いようが無いヘタレの下僕です(泣)。

そんな私ではありますが、わらにでもすがる気持ちでこの秋のシーズンに挑む上での「心得」を自分なりにまとめてみました。

①最初から自分の一番得意な展開で!どうせ得点パターンは一つしかないんだし・・・
自分はボレーが下手なくせにネットでしか得点できない人間なんですが、その「ボレーが下手」意識が災いしてか、最近は「序盤はベースラインで様子を見て」とやっていました。ただ、メンタル的な要素を考えると、序盤にリードを奪うのは本当に大きいです。従い、今年は序盤からアクセル全開、自分の一番得意なパターンを作っていくことにします!冷静に考えて見ると、仮に自分のネットプレーが通じないと仮定しても
「ベースラインで様子見」→「やっぱりダメだとネットへ」→「これもダメで、気付いたら2-5ダウンで万事休す」
という展開よりは
「ネットで勝負!」→「0-3ダウン。やっぱりダメだから別のオプションを試してみる」
の方がまだ勝算があるのでは、と愚考いたします。

②相手に、そしてすべてに感謝しよう!すべて皆さんのお陰です・・・
小者の私です。調子が悪かったりすると、結構イライラします。あからさまにこちらを挑発するガッツポーズをとったりする様な相手だと、最初は相手に対して怒ったりしますが、最終的には「あの程度の奴からポイントを取れない」自分に怒りが向きます。
・私は(幸いなことに)テニスで稼ぐプロではありません。
・そんな私ですので、「自分で満足のいくプレーをする」のが最大の目的です。
・そして、テニスは相手があってのスポーツです。
以上より、相手が強ければ強いほど、相手に感謝しなくてはいけません。こう思うと結構イライラが収まったりします(^o^)
また、究極の考え方として「世の中にはテニスどころか、食べていくことも出来ない人や、自分の足で歩けないような人がいる。それに比べれば週末にテニスが出来るなんて、自分はなんて幸せなんだろう」というものがあります。

③自分を褒めよう!don't say ”生まれてきてすみません"・・・
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、私は自虐的な考え方が大好きです(^_^;)
そんなんで、自分のミスに自分でイライラして調子を落とすこと多しです。従い、せめてテニスの時くらいはポジティブシンキングでいこうと思います。全てのショットがダメな日というのは案外ないもので、探せば好材料はあるものです。探さないと見つからないのが悲しいといえば悲しいのですが・・・

④テニスに集中しよう!出来れば楽しもう、無理だと思うけど・・・
最終的にはやはりこれです。自分が精神面で崩れた時のことを思い返すと、相手の応援が気になって・・・とか、ギャラリーの目を気にして・・・というものが多いです。実際、今年のU市の市民大会では「仮にも第4シードたる者が、ストロークでポイントを取れないなんてみっともない。ここは我輩がストロークでも勝てるプレーヤーであることを見せてやるか」なんて大馬鹿なことを考えてしまったがために7-4アップから5ゲーム連取されるという惨敗を喫しました(-_-;)
これは極端な例としても、集中が薄れて邪念が入り始めると、チキる可能性が高くなるような気がします。よく「ボールを見ることに集中」とか「自分の足音を聞くことに集中」なんて言いますが、同じことを言っていると解釈します。自分の場合は「ヒット・バウンド・ショット~!」(注)でしょうか(^_^;)

(注)相手が打つ瞬間に「ヒット」、その球がバウンドしたときに「バウンド」、自分が打つときに「ショット」と声を出すやり方です。「ヒット」でスプリットステップ、「バウンド」でテイクバック、「ショット」でスイング開始、という様に自分の動きとリンクさせると結構いいです。

思えば、今年の春はすべての面で自信を喪失していたと思います。一方、上記の事項を自分が知らなかったというと、実は知ってたんですよね~。このあたりが理論と実践の差というものでしょうか(苦笑) 誰か助けて~。

| | コメント (2)

2006年8月27日 (日)

基礎練でごわす

今日も涼しくて、テニスには最高でした!

本日はみっちり基礎練習を行いました。渋江のハードコートで6時間、さすがに膝が痛いです(^_^;)

昨日ビデオで自分のテニスを久しぶりに確認したのですが、フォアハンドがやっぱり変です。あとサーブも身体が開き気味なのが気になります。よって今日はこの2点を課題にしてみました。

フォアハンドは一時期いい感じだったのですが、最近下降気味。ビデオで確認したら、腰の動きと肩の動き、そして腕の動きまでが完全に一致している、所謂ドアスイングとなっておりました。
今日は①腰の回転→肩の回転→腕の順番を意識②右肩支点→右肘支点を意識の2点を心がけてみました。
本日は2対1のストローク練習を相当程度やれたので、このあたりがタップリ試せて、ラッキーでした。昨日に比べて少しはネットのミスが減ったと思います。特に高い打点からの打ち込みは、今日の方が断然良かったです。あと、フォアサイドに走らされたボールをストレートに流す、という展開が打ちやすいですね。

サーブは・・・イマイチです。下僕サーブは、トスアップしてから軸となる左足に右足をひきつけるフォームなのですが、今日は両足のかかと同士をくっつけるカタチで右足をひきつけることをやってみました。これで、身体の開きを抑えるつもりだったのですが、サービスは全身運動ですので、ここを変えるとその後の流れがどうもぎこちなく、フォームが崩れてしまった様に感じます。
最後に2時間弱シングル形式の試合練をやったのですが、威力もなく、確率も悪かったです。

来週から県大会が始まりますが、フォアハンドは今日の感覚を保ち、サービスについてはあまり深く考えないようにします(笑)。漫画などでは試合前の特訓で主人公が開眼し、それでライバルを倒す的な展開が多いのですが、自分の様な凡人がそれを望むのは宝くじで1億円当てるのを夢見る様なものでしょう、きっと。

昨日笑いをふりまいてくれたマチコ女史。今日も参加なされていましたが、足首に違和感を覚えられ、途中でお帰りになられました。やはり昨日トライなされたナイフジャックで、少々身体に負担がかかったのでしょうか?ご無事をお祈りしております!

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

ダブルス爆笑編

今日の練習は、最後にダブルスをやっておわりましたが、このダブルスが最高に楽しかったです!

フーミン氏が述懐した様に「苦しいシングルの後のダブルスはすげぇ楽しい」という感覚を全員が持っていたらしく、笑顔が絶えませんでした。もっとも絶えなかったのは笑顔だけでなく、珍プレーも続出しておりまして、その代表的なものを紹介すると・・・

①下僕、気合のサービスカット。
下僕がリターンサイドの前衛のとき、センターに来た相手サーブが入っているのに関わらず、何を血迷ったのか「入っている!」と絶叫するとともに鮮やかにそのボールをカット、ポケットに入れそうになりました・・・。どうも頭ではサービスがインとするも、身体はフォルトとジャッジしていた様です。レシーバーのセキピー、貴君が信頼できなかったわけじゃないよ!
まぁ、世の中にはサーブに対して果敢にポーチを挑む前衛もいると聞いてますので、これ位は・・・

②マチコ、渾身のジャックナイフ空振り
下僕のハエが止まりそうなセカンドサービスが、レシーバーのマチコ女史のバックに入ります。女史は渾身の力を振り絞り、小さい黒い身体を浮かせながら見事なジャックナイフ!と思いきや無情にもラケットはボールにかすりもせず、後ろに転々・・・。いつの間にジャックナイフなんてやるようになったんだろ、と思ったら「ジャックナイフって何だっけ?」とのお言葉。相変わらず、この人は良く分りません(笑)

③下僕&マチコ、見事なチームワーク
下僕・マチコペアvsかのカリスマプレーヤータコ君&:セキピー氏。とあるポイントでマチコ女史のリターンをタコ君がドロップボレー!ボールは下僕と女史の中間にポトリと落ちましたな。その刹那「ハイ!」「取ります!」と同時に声が上がり、我がほうは二人ともボールに向かって突進。双方打つ気満々の中、かろうじて下僕が寸止め、マチコ女史がそのボールを拾いましたが、下僕は勢い余って女史に激突。一応そのポイントは取ったので、何とか格好はつきましたが、まったくもって「譲り合う」という美徳だけは2人とも持ち合わせていないようです(^_^;)
プロのダブルスを見ているとそのテクニックやチームワークに目を奪われますが、よくよく見ると際どいボールには2人とも打つ気で向かっているのが分ります。さすがにぶつかっているペアは見たことありませんが・・・その点、下僕・雨女ペアには真のチームワークがあるのかも知れません。もっともマチコ女史の場合は「あいつには任せられない」という不信感からの行動なのかもしれません。

④マチコ、ジャックナイフ改名を提唱
試合後の談話で、ジャックナイフのイメージやその意味などを一通り学んでご満悦のマチコ女史。「そういえばマチコさん、昔ナイフジャックとか言ってましたよね」などとからかっていたら、どこをどう間違えたか「えっ、これってナイフジャックっていうんじゃないの」などと主張しておりました。
どうも○○ジャックという語感に御執心の様子で、医師免許を持っていない名医のイメージが好きなのでしょうか。もしかしたら昔ロンドンあたりで女性にやたらと切りつけていた方を崇拝しているのかもしれません。
女史の本日のネタ提供に心より感謝申し上げます。

| | コメント (2)

今日は涼しい(^_^;)

いやぁ、今日は涼しいですね~。4時間ほどオムニコートで試合練を中心にやりましたが、コートに立つだけで生命力を吸い取られる様な、あの感覚は消えておりました!

コートの割りに参加者が少ないため、最初はシングルスです。先週に引き続きフーミン氏と2セットやりました。先週は6-1、1-6で分けましたが、今日も6-3、3-6で引き分け・・・。ただ内容的には先週よりはお互いにいい試合が出来たと思います。なにせ、先週のゲームは内容をほとんど覚えていないくらい暑さにやられてましたので(^_^;)

このフーミン氏、今年のパ○ン杯のチャンプで、ストローク良し、ボレー良しのオールラウンダーです。同じオールラウンダーのミッチー氏とは違って攻撃色が強く、威力のあるストロールをベースラインぎりぎりに打たれてネットに出られると、当方何も出来ません。特にライジングで打ち込む両手打ちのバックハンドは見ていて惚れ惚れします!彼との戦績は練習を含めると今年になって2勝4敗と負け越しておりますが、酒の勝負ではまだまだ当方の勝ち越しでしょう(笑)「相打ち」も結構ありますが・・・

今日の反省&気付きは・・・
①フォアハンドのネットが多い。シングルで負けた試合は特にこれが多かったです。相手の持ち球がスピンなので、必然的にフラット系のショットで切り返すのですが、ラケットが上から出ていたみたいです。もしかしたら身体の軸がぶれていたのかもしれません。
②これもフォアハンドですが、身体の開きが早すぎました。特に逆クロス系に打つときはもう少しボールを押す感覚が必要です。右手人差し指の付け根で押すイメージでやってみたら、少し改善された様に感じました。
③リターンミスが多い。今日は相手がサーブ&ボレーを仕掛けて来た事もあって、沈めることを意識したせいもあるのですが、実際にはスプリットステップのあとの踏み込みが出来ていない様に感じました。特にバックのスライスは重心を後ろに落としてリターンすると、コードに引っかかるんですよね~。
④勝負どころで思い切りが悪かった。今日の相手は足が速いので、少々のボールでは追いつかれます。そのボールを一回落として相手を走らせてから・・・という展開が多かったのですが、もとからストローク力が無いヘタレですので、走らせるつもりが甘くなって逆襲を食らったり、より厳しいところを狙ってミスしたり、でほとんどポイントを取れませんでした。「強い相手には一発勝負でなく、2回3回といいショットを積み重ねるべし」という言葉は案外実行が難しいので、いい球が入ったら即ネットに詰める、いわゆるテンパイ即リー君的なプレーの方がポイントを取れるかもかもしれません。特にフットワークが良い相手には自分のストローク力では「2回目のいいショット」が通じない可能性が高いと感じます。
⑤サーブでは、トスを上げた左手をまっすぐ伸ばして残す意識を強めにしてみました。打点が高くなって、特にセカンドサーブでは確率が上がった様な気がします。

フーミン氏と試合後の雑談で「下僕さんはイメージのプレイヤーですね」とズバリ指摘されました。これ、本当に当たってます。練習しないとすぐ下手になるタイプの典型でしょうか。あと調子が悪いときに修正ができないのも、このタイプの典型なんですよね~。
早いもので来週から9月。県大会や実業団のシーズンです。「もう後がない」をキーワードに頑張りまする!

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

天気晴朗なれども・・・

今回の週末は暑かったっすね。今年は週末にここまで太陽が照りつけることはなかったので、すっかり太陽にやられてしまいました。鍛練が足りない様です。こんな日にも競技テニスをしてしまうテニスバカの皆さんに敬意を表します!

土曜日は渋江公園のハードコートで6時間。日曜日は東金町のテニスコートで4時間やりましたが、まともなテニスはいずれも最初の1時間くらい。あとは意識が朦朧とする中、惰性でやっていた様なところもあり、明らかに集中力が消えていました。このあたりは反省するところ多しです(^_^;)。

サーブは入らず、ボレーはネット。ストロークもふかしっ放しで、いいところ無い出来でしたが、いずれも
①暑いので、省エネ思想が働き、足の動きが十分でない。
②したがって、軸がぶれる。
③結果、ショットの精度が絶望的な水準に。
④以上が分っていながら「もう今日はいいや」的な諦念に負けてしまった。
というものでした。全く逆立ちマン様の爪の垢でも・・・という感じです。

二日やってみてちょっと感じたのが、「難しいローボレーをしのいだ後のイージーボレーをミス」的な流れの悪さ。ストロークでもボレーでも「ボールとの間が」上手くとれなかったです。あと、一旦ゲームを連取されると、これが4ゲームくらい連続して取られてしまう、なんてのもありました。これって私が春に苦しんでいたときに散々お目にかかった現象なんですよね~。
これが、暑さによるフットワークの悪さに起因するものであれば良いのですが・・・。

7月は結構調子が良かっただけに、本番前にピークが来てしまい、肝心の本番ではボロボロ、という絵に描いたようなブルペン・エース的な結果が来ない様、祈るのみです。自分はこれ、多いんですよね・・・

| | コメント (2)

2006年8月19日 (土)

同期の集まり

夜型で朝には滅法弱い私ですが、何故か今日は7時に目が覚めちゃいましたので思わず更新です。

昨日は夏休み明けでしたが、やはり頭も身体も重かったですね。投資家さんとの取材を4件こなしましたが、MCがイマイチ。まだまだ本調子にはなりませぬ。

その後、新宿に出て大学時代の同期の飲みに参加です。ヤ○グという、その名前のストレートさで人に話すのに若干躊躇を覚えるテニスサークルに、皆所属してました。卒業後しばらくは皆で休みを合わせて旅行に行ったり、定期的にゴルフコンペを開催したりしていたのですが、ここ5年くらいはほとんど会っておらず、実に久しぶりの飲み会でした。

この年になると、どうしても初対面の挨拶は互いのビジュアルチェックから入るのも無理かならぬこと。「変わっていないね~」、「デブだな~お前」などと口々に言い合いますが、私に対しては何故か全員が「下僕、髪の毛増えたな~」でした。お前ら一度殺す。

つい先日2度目の結婚をしたやつがいると思えば、未だに孤高の独身を貫いている者もおり、人生色々です。ちなみに独身組は3人おりましたが、2名が女性で、1名が男性。その男性とは我が相棒のジミー君でありました。かれはこの飲み会でも何やらカミングアウトしておりましたな(^_^;)お前、学生時代からキャラ変わり過ぎ・・・

新宿は実に久しぶりでした。以前東中野に住んでいたときは頻繁に行ってたんですけどね。当時と比べてきれいになりました!

| | コメント (0)

2006年8月16日 (水)

女心と秋の空

その通信教育のうちの一つに「現代の企業経営と管理者の役割」てなものがありましてこの題名だけで内容の絶望的なつまらなさは想像が可能ですな、その最後の問題が「管理者に期待される能力のうち、あなたにもっとも欠ける能力とは何か?またその原因分析と改善策、具体的なアクションプランを述べよ」というもの。

何が欠けてるかって?大きなお世話だよ。
改善策?それが分ってりゃもう直しているよ。

などと思いつつも、自分的にはやはり対人理解能力(ヒューマン・スキルというらしい)かな、と思います。特に女性に対しても理解がいまひとつ欠けておりまして・・・

マチコ女史からも酷評されたように、自分、女性とウィットに富んだ会話を交わすというのがホントできませぬ。いっそ話さなければ良いのでは、と思うものの・・・高倉健なら「自分、不器用ですから・・・」と酒でも飲んでれば十分格好いいのですが、下僕としてはそうも行かず、ついつい余計なことを言ってしまいます。

昔、会社の後輩に今度結婚するというお嫁さんを紹介された時もそうで、そのお嫁さんはノースリーブの服を着ていて、健康的な美しい腕が印象的でした。社交辞令では前後に落ちないと自負している下僕です、間髪をいれず「きれいな上腕二頭筋ですね!」と褒めたところ、何故か花嫁さんが無表情に・・・
私に批判的な意味は一切なく、心から褒め言葉として申し上げたつもりだったのですが、その後後輩から「彼女、ノースリーブのウェディングドレスを着る予定だったんですけど、あの一言で衣装が変わっちゃいまして、ホント恨みますよ」と言われちゃいました。これは、今思い出しても胸が痛い・・・

たまに、状況によってその人が必要とされる言葉をすっと出せる人がいますが、そんな人は本当に凄いと思います。二股三股を掛けている様な強者は、きっとそんな能力があるのでしょうね。私にとっては2ヶ国語、3ヶ国語を話すことより難しそうに思えます。
真の漢への道は遠い・・・

| | コメント (2)

お勉強だす

今は夏休みです。月から木まで会社はお休みで、2度寝、3度寝OKの夢の様な日々を過ごしております。ただ、一方で社名で受けさせられている通信教育の期日が迫っている情け容赦ない現実が・・・

と言うわけで、本日は8時間ほどファミレスに籠もってひたすらお勉強でした。あ~つまんねぇ
たかが通信教育と侮ってはいけません、何せ封筒ではなく小包で来るのですからその分量も推して知るべしです。内容は「管理者とその役割」的な奴ですが、これがまたつまらない。この手のテーマだったらネタは豊富ですから、内容にもっと工夫すればいいものの、テキストを開いてみると小さい字ばっかりの古色蒼然たるもので、泣けてきます。

大体「管理者たるもの、社会・経済環境の変化に常に気を配り経営の目となるとともに、自ら職務においてはプロとしての知識を持ち、部下との良好なコミュニケーションを維持し、その特性を把握し、職場における適材適所を実現し、一方で様々な問題について、根本的かつ現実的な解決策を生み出す能力を持たねばならぬ・・・」って、そんな完璧な人間がいるわけねーだろ!!いたとしてもこんな安月給で働くかぃ!

こういうのを見ると、昔も今も日本人はもっともらしい建前論が好きだな、と感じます。
太平洋戦争の後、米軍将校が日本陸軍の「指揮官の心得」みたいなものを読んだところ、「指揮官たるもの幕僚の心を完全に掌握するとともに、戦場の地形や彼我の戦力を十分に把握し、あらゆる情勢の変化について機敏に対応し・・・」などと書いてあるため「こんな神様みたいな人間がいるのか?、第一そんな人間が指揮した軍隊が何で負けるの?」と素直な疑問を口にしたところ、居並ぶ日本人は誰も応えられなかったとの由。

結局タバコ十数本を灰にし、昼食と夕食を食べ、コーヒーを5杯以上飲み、ウェイトレスの冷たい視線に耐え切れなくなった頃にやっと半分終わりました。頭の中は「リーダーシップ」「課題設定とその解決策」みたいな単語が渦を巻いておりますが、管理職について何か分ったかと言うと・・・大体35年間人にこき使われてばかりいた男に、数冊の本を読ませたらいい管理職になるだろう、と期待する方が間違っているのでしょう(^_^;)

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

痛飲

やっと、話が日曜日まで来ました(^_^;)

この日は我がパ○ン王国の主催するチャリティートーナメントです。
この大会は私がエントリーする男子ダブルスのレベルはそれほど高くないのですが、何せ趣旨がチャリティーだけあって、参加する人たちは気持ちの良い人たちばかり。ホント、こういう人たちと接すると自分の醜さが際立って悲しくなりますな。

結果は我が相棒のジミーと組んで何とか優勝できました。決勝は0-3ダウンから始まるやな展開でしたが、相手の体調が万全でないこともあって、徐々に調子をあげていくことができました。

その後、お決まりの打ち上げですが・・・この人たちと飲むとどういうわけか、その日のうちには家に帰れません(笑)
1次会は中華料理、2次会は沖縄料理、3次会はカラオケ、4次会は居酒屋・・・というわけで結局朝の5時まで飲んでました。2次会では命知らずの若造が、下僕の髪の毛が薄いことを指摘するという暴挙に出てまいりましたが、そこは真の漢を目指している身。酒で返り討ちにしてやりました。少しだけ暴力に訴えたかもしれませんが、記憶がありません(笑)

次第に生存者が少なくなるのがこの手の飲みのパターンでして・・・今回も例外にもれず、4次会の時点では5人いた生き残りも、次々に脱落(あとから確認すると、皆店の外の道路で寝てました(笑))、最後は件の雨女マチコ女史とツーショットに。本来ならここは、この時間まで生き残ったレディーに敬意を表して機知に富んだ会話を展開するところですが、今週のハードスケジュールと明日から休みに入るという開放感から飲みまくった下僕、悲しいことに呂律が回らず、せっかくの「機知に富んだ」ネタが思うようにしゃべれませぬ(泣)きっと第三者には「うら若き女性にからむ酔っ払いのオヤジ」と映ったことでしょう。
「酒は飲んでも飲まれるな」・・・名言です。

| | コメント (2)

最強は誰だ?

トラブル続きだった仕事を追え、一息入れることもなく、土曜日は5:30起床で会社のテニス部の部内戦に参加です。さすがに疲れまくったせいか、車に乗ってもまだ眠いです。テニスバカの鑑だ、えらいぞ自分!と車中で自分を元気付けてました(笑)

今日のメンバーは5人、当然最強を決めるべく総当たり戦を決行であります。

第一試合 vs K君
K君は某大学テニス部の主将を務めたストローカーでして、とにかくフォアハンドが超早い!何でも最近はゴルフに夢中でテニスは1ヶ月以上していないとのことでしたが、それでも二桁近いストロークエースを取られました。試合は出だしにブレークに成功するものの、中盤に追いつかれ、以後は互いに譲らずタイブレークに。タイブレでも接戦でしたが、勝負弱い私が珍しく最後にワンチャンスをものにし、7-5で勝利をもぎ取りました!

第二試合 vs F君
F君は某KO大学のテニス部出身で、サウスポー独特のサーブと性格の悪さがにじみ出るドロップショットを武器とする若者です。今日はどういうわけか調子が悪いらしく、あっさり3-0まで行くものの、途中から相手が息を吹き返して3-2とされます。その後相手のダブルフォルトに付込んでもう一回ブレークに成功し、6-3で逃げ切りました。初戦の負担からか、終盤には足が攣りかけました。ショボ過ぎっす。

第三試合 vs I君
I君は私と似たタイプ。ストロークはつなぎにとどめ、ネットで勝負するプレーヤーで、ボレーが器用です。実はかれもフォアハンドがダメダメでして、互いにバックに回り込む展開が多く見られました(笑)。序盤にアップするも、後半に彼がシコりはじめてからこちらのミスが多くなって4-5ダウン。ここで相手サービスを何とかブレークし、それで相手の心が折れたのか7-5で突き放しました。終盤にこちらの足が攣り、ベースラインでつなぐだけのプレーになってしまったのですが、このI君も自分から打っていくとミスをするタイプらしく、結局この方針転換が奏功したようです。

第四試合 vs H君
H君は筋金入りのシコラーです。もはや疲れきっているため、一番やなタイプでしたが、序盤から腹を決めてひたすらネットダッシュ。で、これが成功して3-0まで行きます。ところが、その後から彼のシコリが本領を発揮し始め、5ゲーム連取されて3-5に・・・。とここで恵みの雨が・・・雷も混じって結局30分以上中断。ここで息を吹き返した下僕が4ゲーム連取し7-5で勝てました(^_^;)

優勝賞金をゲットし、その後ファミレスに食事をしに行ったのですが、普段優勝とは縁のない私。社会人の先輩としての範を示すべく「今日は俺がもつ!皆好きなものを食え!」と言ってしまいまして・・・で、こいつらが食べること食べること。ステーキ丼やらビールやら、挙句の果てにデザートもきっちり注文しやがりまして、優勝賞金が全て消えました・・・。うーん、やはりすぐに舞い上がる小者はダメですな。

| | コメント (2)

我が人生最悪の日

大変ご無沙汰しております。先週は本当にハマっておりまして・・・やっと今日一息ついたところです。色々あったので、一気にその辺をご報告します(^_^;)

さて、当社は8月9日に決算発表でして・・・まぁ、これが最近ハマっていた大きな理由なのですが、とにかくこの日は大変でした。ちょっとタイムテーブル形式で実況しますと・・・

0:00~3:30
 決算発表資料や、その後に行われる説明会の資料、内容説明等々で、結局4:00くらいまで会社にいました。

4:30~6:30
 タクシーで帰り、仮眠とります。あと、普段はカジュアルなので、この日は久しぶりにスーツを着用。うーん、暑苦しい!

8:00
 会社着、息をつく暇もなく昨日の資料をえらい人に説明・・・

12:00
 発表会のえらい人用が読むスピーチ文章に誤りが発覚!泣きながら修正に血眼になります。こういうのって、社内のあちこちの部署に調整が必要なのでイタイんですよね・・・。

14:00~15:00
 証券取引所に提出する発表資料の最終チェックを・・・しようと思ったら、その準備が全く行われていないことが判明。超特急で資料準備をしながら、胃の中で熱いものがジワリと湧き出てくる感覚があり、「あぁ、人はこうやってストレス性の胃炎になるんだろうな~」なんてことをぼんやり考えてました。

15:30~16:00
 何とか発表資料を送り終え、決算説明会を行う会場に急行します。朝から、いや昨夜からトラブル続きだったため、すでに予定より30分近く遅れており、小心者の下僕は生きた心地がしません。会場に着いて、大急ぎで設営準備に取り掛かります。まずはPCとプロジェクターのセッティングを済ませ、スクリーンのチェックをせねば・・・ってところで、このプロジェクター、電源コードがついて無いぃぃぃ!一瞬気絶しそうになり・・・いやいっそ気絶した方がどんなに楽か・・・あらゆる方面に電話を掛けまくり、時間ぎりぎりに電源コードをGET!

18:00~
 何とか説明会が終了。会社に戻って、当社のHP上に本日発表した類の資料を掲載します。やっと指示を出し終えて、説明会の議事録の作成にかかります。それが終わる頃、部長宛に一本の電話が・・・どうやらHPの運営業者が掲載する決算資料を間違えたらしく、別の資料が載っていることに気付いたとあるエライ人からの「お怒りの電話」でした(泣)急遽業者に連絡を取って確認させましたが、どうやら色々な資料を掲載作業するときに、一部の資料で暫定リンクを貼った「ほんの数十分」の間に、「たまたま運悪く」えらい人がそのHPを見てしまったらしいと・・・もはや涙も涸れました

20:00~22:30
 その他色々な用事を片付けて、机の上に山積みとなった電話メモに取り掛かります。2時間くらいでやっと全てを終えた頃には、もう魂が抜けた状態。あまりの一日に全員疲れ果てた中、「これほどまでトラブルが起きるということは、誰かに悪霊が憑いているに違いない」との推測が・・・で、「仕方が無いから、アルコールで清めよう!」という訳で飲みにいくことに。酒を飲むには理由は事欠かない、というのは本当ですな(笑)
結局この日も終電で帰りましたが、さすがに帰宅したときには「生きる屍」と化しておりました。

下僕の法則その3 : 「悪いことは必ず重なっておきる。」

同 その4 : 「何かの事情で事前の準備状況の確認が出来ないときに限り、80%以上の確率で何らかの問題が発生する」

同 付則1 : 「事前の準備状況を確認をした場合には、100%に近い確率で完璧な準備がなされていて、その確認作業は無駄となる」

| | コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

男の意地

今週はテニスネタなしか・・・と落胆されたあなた、ご安心くだされ。仮にも下僕は真の漢を目指している身、たかが休日出勤くらいでテニスを諦める腑抜けではございませぬ。

というわけで、金曜夜タクシー帰り→土曜日朝から出勤、終電にて帰宅→日曜日10時から14時までテニス→会社へ直行というハードスケジュールを強行いたしましたぁ!
決算直前で殺気立っている面々の前に、日焼けした顔・Tシャツ・短パン・素足&サンダルで姿をあらわすには多少勇気が必要でしたが(^_^;)

というわけで、今日は4時間やりました・・・が、暑いぃぃ!
下僕、太陽が大の苦手なのに、今日はバンダナを忘れたこともあって、頭部を露出したまま・・・お陰で今でも頭痛がします。

今日の練習は、最初のアップからはダブルスの試合形式中心でした。こういう日こそストイックな練習をしなければならないのですが、何分にも虚弱体質なもので・・・今日はボール感覚を維持するためと割り切らせて頂きました(笑)

参加メンバーは、セキピー氏、マチコ女史、M女王様、パ○ン王国で一番味のある男と下僕は思っているナム氏に私の5人。色々やっているうちに、セキピー氏は膝を痛めてRETし、残り約1時間をナム氏・下僕の男子ダブルスvsマチコ・女王の女子ダブルスをやることに・・・

男女の対決です。テニスとはいえ、相手はたかが女、かのハードゲイが言う「2匹のメス」です(古!)、当然負けるわけにはいきません!
ところが・・・このメスどもが強いっす(泣)。
下僕渾身のフラットサーブが、やすやすとリターンで足元をえぐられます・・・ネットに詰めればあざ笑うかのごとく絶妙のロブで抜かれ・・・あっと言う間に1-4となりました。4ゲーム先取で始めたので、本来ならこれで終わるのですが、このままでは男の意地がすたるというもの。「あれっ、1セットマッチでしたよね?」で先延ばしを図ります。

ナム氏にあたりが戻り始め、多少まくったものの、あえなく4-6まで来てしまいました。男の意地にかけて、もはやセリフは決まっています「え~と、8ゲームマッチでしたよね?

双方1ゲームずつ取って5-7とし、迎えた第13ゲーム。コートの残り時間が5分なのでラストゲームということに。ここを取って6-7とすれば所謂「ブレークなし」の均衡状態と言い訳主張する事ができます!男の意地にかけてもこのゲームを取らねばなりません。が、暑さで意識が朦朧とするなか気付いたら15-40とされ、相手のマッチポイントを迎えます。
下僕リターンをマチコ女史の頭上に上げ、つなぎのスマッシュを打たせるところまでは計画通り、だがそのボールをボレーカットした下僕のボールは無情にもネットに・・・

ルパン三世の主題歌はファンからの公募らしいのですが、かなりの渋さです。

曰く「孤独な笑みを夕陽にさらして、背中で泣いている男の美学・・・」

| | コメント (0)

2006年8月 6日 (日)

久々のダブル

といってもお酒の話ではありません。
下僕は「バーボンのダブルのソーダ割り」をこよなく愛しておりますが(^_^;)

久々に土日のダブル休日出勤を無理やり行いました。

最近、当社の下僕の部門のトップが変わったのですが、そのお陰で今までと同じものを同じようにやる、というのが全く通用しなくなりまして・・・

我がCFO(財務のトップと思ってください)は、自分の納得できないことは許せないタイプらしく、あらゆる会議が予定の2倍かかると言われておりまして・・・金曜日の会議は午後4時30分開始で、終了予定時刻午後8時だったのが終わったのは夜の12時。そりゃ魂も抜けますわな。

実はこの方も、土日ダブル出勤を決めておりまして・・・うーん、働き者の上司がいると部下はつらい!!

ちなみにこの人、キャラクター的には大変ユニークな方でして、下僕は結構好きです。こんな状況にありながら、突然やってきて雑談を始め・・・これが1時間は続きます(^_^;)その分私の帰宅時間が遅れるので、迷惑といえば迷惑ですが

そんな雑談の一つに「ただの時間つぶしは趣味とは言わない」というのがありました。要は趣味は映画鑑賞、というなら年間100回は見ないと趣味とは言えん!というものでありまして・・・「○○バカ」といわれるくらいないと、趣味とは言えないようです。
そんな流れから「下僕君の趣味は?」と聞かれまして、躊躇無く「テニスです!」と回答できたのは、テニスバカの面目躍如というところでしょうか(笑)

| | コメント (0)

2006年8月 2日 (水)

続 スキミング?

本日、某カード会社から先週末のカードの不正利用の件で連絡がありました。

カード会社のお姉さん「改めての確認です、○月○日の○カードネットでのご利用に心当たりはありませんね」
下僕「ありません!」
お姉さん「了解しました。それでは当社の方で調査した上でまたご連絡いたします」
下僕「ちなみに、その○カードネットで何を買ったことになっているんですか?」
お姉さん「・・・・(数秒沈黙)アダルトサイトや出会い系サイトの決済に使われているようです。お心当たりはありませんね」
下僕「・・・(別の理由で数秒沈黙)はい、ありません!」

そんなものを、仮にも真の漢を目指している私が利用するわけがありません!・・・多分無いと思います待てよ・・・あれかな・・・?

最後にサラリーマン川柳を一句
「はいそうです! 多分そうです・・・ 確認します」

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »