« 新戦力 | トップページ | 糸色望 »

2006年9月 3日 (日)

県大会撃沈(-_-;)

今日は某C県の大会予選に参戦です。

さすがに県大会だけあって、下僕が普段出ている市や区の大会に比べて参加者が若く、かつ黒いです。自分、会社では圧倒的に黒いほうに属するのですが、こういうところに来ると、完全に色白君です(^_^;)

初戦の相手は、細身の若者。球は速いがミスも早い、というある意味一番楽な類の相手でして、割と楽に初戦突破できました。

次の相手は・・・強いです!
色も黒いし、背も高い。サーブとフォアは私の倍くらいのスピードです。
結果は・・・8-9(4-7)で敗退でごわす。

思ったよりも相手のミスが早く、競るには競りましたが、何分相手のショットのスピードについて行くのが精一杯で、ネットに出るどころでは無かったです。その意味では自分のテニスは全くしていなかったと言えます。タイブレまでは常に先行する展開でしたが、やはり相手は歴戦の強者。勝負どころではスピードを落としてそれでも十分に速いのですが・・・、確率の高いテニスで攻めてきます。ノーアドのになったゲームが3つほどありましたが一つも取れませんでしたし、タイブレークでは4-5から2本連続で威力のあるファーストサーブを食らってリターンを返せず・・・撃沈しました。

ビデオで確認した点も含めて、以下反省材料です。

・後半になるにつれ、フットワークが悪くなってました。遠いボールは目立たないのですが、近いボールを処理するときに細かい調整をしていないため、余裕があるのにミスをするケースがありました。
特にフォアハンドは苦手意識があるせいか、ほとんどのショットをオープンスタンスで打っておりました。そうそう、相手の方には「フォアハンドで一番大事なのは、フットワーク。特に踏み込みが大事。」とのアドバイスを頂きました。

・ボールを見てない
せいでしょうか?後半はスイートスポットに当たらないショットが多かったです。

・腰が浮いている
膝が伸びきってました。あれじゃフォアハンドは入りません。序盤と後半では膝の曲がり具合が全然違います。まぁ、拾い捲ってかなり疲れてたので、やむをえないといえばそうなのですが、全てのショットではなく、勝負どころでは腰を落とすべきですね。
特にフォアハンドでは、左膝の曲げを残すのがポイントだそうです。byタコさん

今日は2試合だけだったのですが、試合が終わったあとに太ももが攣りました。昨日やりすぎたのが原因かもしれません(^_^;)
「太ももが攣るのは年齢のせい。若いうちはふくらはぎが攣るもんだ」と誰かに言われちゃいました。自分、基本的に太ももが攣るんですよね・・・

|

« 新戦力 | トップページ | 糸色望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新戦力 | トップページ | 糸色望 »