« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

ノーベル賞候補!

こんなニュースを発見しました。

 世界最大規模のブックメーカー(賭け屋)、英ラドブロークスが26日、10月発表のノーベル文学賞受賞者の予想オッズを公表。作家・村上春樹氏(57)を34倍とし、18番目に名前を挙げた。村上氏は今年3月、2004、05年と2年連続で受賞者がその年のノーベル賞に輝いている「フランツ・カフカ賞」(チェコ)を受賞したことから、ノーベル賞も有力視されている。(中略)
村上氏はさらに今月25日、短編小説「ブラインド・ウィロー・アンド・スリーピング・ウーマン」で第2回フランク・オコナー国際短編小説賞を受賞。日本で02年に刊行された長編小説「海辺のカフカ」は、英紙フィナンシャル・タイムズの「2005年のベスト本」、米紙ニューヨーク・タイムズの「2005年のベストブック10冊」にも選ばれるなど、国際的評価も高い。

村上春樹、ノーベル賞候補ですか・・・凄いですねぇ~。
私が高校生の頃に「ノルウェイの森」が大ヒットしたのをよく覚えています。ただ、自分としては「羊をめぐる冒険」の方がよっぽど面白く、何であんなに売れるのか良く分らないのが実感でした。一通りこの人の本は読んでおりますが、最近は複数の異なるストーリーを同時並行させる手法がなぜか多いですね。あと、必ず○ッ○なシーンが出てきますな。自分、文学的なセンスもないので、この手のシーンがどんな効果をもたらすか、全然分りませんが(^_^;)
あっ、この人は海外の訳書で凄くいい仕事してるって思います。私の大好きな「没落の作家」フィッツジェラルドに激しく入れ込んでいるようですし、レイモンド・カーヴァーの本もこの人の訳で初めて知りました。

もっとも、会社でとなりに座っているN女史は「ノーベル賞?それって村上春樹の本を英語に訳した人がえらいんじゃないの~」とのたまっておりましたが・・・結構そんなものかもしれませんね(^_^;)

| | コメント (0)

漢のギター

すごく久しぶりに音楽ネタです。今日は男の中の男のための音楽を・・・

今日は、私がこよなく愛するギタリストを・・・彼の名はゲイリー・ムーアと申しまして、かのオジー・オズボーンをして「ゲイリーに比べたら、他のギタリストはアマチュアにしか見えない」言わしめた、世界一顔のでかいギタリストです。

B00006itxx09_scthumbzzz__1

  その彼の最高傑作がこれ、"Wild Frontier"というアルバムです。メチャクチャ格好いいタイトル曲に加え、ゲーリック魂を乗せた"Over the hills and far away"や"Johnny boy"、そしてフィル・ライノットに捧げた"The Loner"など名曲が目白押しです。

ゲイリーのギターのすごいところは「泣きのギター」につきると言われております。いろんなギタリストが出てきましたが、彼以上にギターを泣かせるのが上手いギタリストは見当たりません。そのテクニックは伊藤正則氏が「人間国宝」として崇めているほどです。B00000i3jb09_scmzzzzzzz_詳しい説明は学生時代にバンドで活躍していたタコ君さんにお任せします(笑)。

何でこんな話が出てきたかと申しますと、ネットで色々見ていたら彼のベスト盤を発見、衝動買いしてしまったが故です。

J-POPも否定しませんが、漢たるもの深夜に一人、洋酒をちびちびやりながら、むせび泣く様なギターに耳を傾けるのも宜しいかと。

| | コメント (3)

2006年9月24日 (日)

実業団、秋の陣

本日から実業団の秋のリーグが始まります。

今日のお相手は某国内大手証券会社。事前情報によると同○社大学のNO.1がいるということで相当の苦戦が予想されましたが、最新情報でその方は出れないとの知らせが入り、ほっと一安心です(^_^;)
私はダブルスのNo.1で出場しましたが、その話を聞いてかなり余裕含みで挑んだところ・・・相手のフォアサイドがメチャクチャ上手い!風貌はただのおじさんなので油断しておりましたが、始まってみるとショートアングルリターン、オンラインロブを連発!こちらのリターンが沈んでもため息が出る様な美しいボレーでストレートに流され、極め付きは球際の強さ、チャンスボールを叩き込んでも必ず切り返されます・・・。
こちらはというと、私が大ブレーキ・・・。リターンはミスる、ボレーは入らない、頼みのスマッシュまでミスを連発する始末。ペアの笑顔も徐々に凍り始めます(苦笑)

1stを3-6で落とします。相手のフォアサイドは多分一回もミスが無いくらいの完璧なテニス、ところがもう片方が結構荒い・・・という訳でペアと話して作戦変更。相手の弱い方を集中攻撃です。相手も私にボールを集めてくる様で、「初心者の彼女連れ同士のミックスダブルス」の様な展開になってまいります。こうなると「弱いものいじめの極悪人」に徹しきれる方が強いのが必然でして・・・強きを助け、弱きをくじくが鉄則のだめリーマンを自負する下僕ペアが2ndを6-3で取り返します。それにしても、ペアのT君の偽善者ぶりには感服しました。相手の片方に3回連続でボディショットを決め、そのたびに申し訳なさそうに「済みません、ごめんなさい」と誤っておりました。私はとてもあの領域までいけません(^_^;)

弱いものいじめで息を吹き返した下僕、ファイナルは動きも俄然よくなりってサービスはオールキープです。ところが、つられるように相手の弱いほうも息を吹き返し、ここでやっと男ダブらしい展開に戻り・・・最後は相手のフォアサイドが息切れしたのか、ミスを連発。5-4から彼のサーブをブレークに成功。6-4で逃げ切りました。

チーム全体も4-1で勝利することができましたが、相手の本来のNO.1がいたら全敗もありうる展開なだけに、紙一重といえる結果でした。我がチームは10部から5回連続昇格して現在5部。これだけ聞くとすごいのですが、その前は5部から10部まで5回連続降格したらしく、株式相場並・・・いえ商品先物、それもコーヒー相場や小豆相場級の乱高下です。どうも5回周期で降格と昇格を繰り替えしている観がありますので、その論によると今回から降格・・・ですが、何とか4部まで上がりたいものです。

| | コメント (8)

2006年9月23日 (土)

ショッピング

今週もお疲れ様でした。

急に涼しくなったせいでしょうか。今週は体調を崩して会社も休んでしまうヘタレぶり。相変わらずの根性なしです。
急に寒気がいたしまして・・・、熱はないのですがとにかく寒い!私の人生が、じゃなくて物理的に寒いんです
寝るときは毛布2枚+掛け布団と真冬の標準装備にくるまっておりましたが、この重装備でも最初のうちは汗が出ず、さすがにあせりました。

幸い、木曜休んだら何とか金曜は出社できるほどには回復。本日はテニスができるところまで回復しましたが、何故かテニスをしたら体調がすごく良くなった気がします。恐るべしはテニスバカですね(^_^;)

練習後に、パ○ン王国のセキピー氏と男2人でアメ横まで買い物に。ガットを張り替えるのと、サプリメント関係が安く入手でき、テニスバカの聖地?とも称されるOSドラッグが目的です。確かに安い!クエン酸入りのアミノバイタルが目的だったのですが、他のサプリメントや目薬まで衝動買いです。
その後、これまた知る人ぞ知るジュエンスポーツへ。そこで見たのは「9/23はテニスの日そんな日があること自体知りませんでした・・・テニスバカにあるまじき不覚でございますにつき全品20%オフ」の張り紙。お陰でウェアをまたまた衝動買い・・・

下僕、生来の貧乏が災いして、買い物を楽しむという風習がありません。その一方で、ふと思い立つとあれこれ買ってしまう・・・衝動買いの王様と自負しております。その代表格は今の愛車でして・・・一回試乗しただけで買ってしまいました。
後悔はしておりません。えぇ、するものですか引かぬ、媚びぬ、省みぬぅぅ~!

もっとも、アートスポーツで張ったガットは大後悔時代です。普段張っているガットからトアルソンのアスタリスクに変えたのですが、これが予想を裏切る感触で全然ダメ・・・。やはりプリンシプルの無い男はダメですね。by白洲次郎

セキピーさん、買い物付き合ってくれてありがとう!

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

休養です。

今日はパ○ン王国の練習にいく予定でしたが、土日の2日でかなり燃え尽きてしまい、朝起きて雨が降っているのを確認し、そのまま二度寝でございます。心から幸せを感じる一時でした。

その後も本読んだりしてだらだらした一日を過ごしました(^_^;)
唯一の外出は夕飯の買い物とクリーニング屋。テニスがないと如何に休日というものが平安か良く分りました(笑)
ついでに本屋によったところ、絶望先生の5巻が出てましたので思わず衝動買い。前巻に比べてよりブラック度が増しており、少なからず安心致しました。

そうそう、某MLにて私にも雨男疑惑が・・・
かつては晴男の代名詞といわれた私に対して雨男とはいい度胸です。もっともここ5年ばかし絶望先生を地でいくネガティブキャラに変わってしまったので、因果応報でしょうか。

| | コメント (0)

サマーランド遠征

本日はM女王様とサマーランドまで遠征、ミックスのトーナメントに参戦して参りました!

このM女王様、下僕より全然テニスが上手いのですが、その寛大なお心で何故かミックスを組んでいただいております。本日も予選4試合、決勝トーナメント2試合を余裕でこなされ、優勝なされました。こう書くと他人事の様ですが、実際私あまり活躍してないんですよね~(^_^;)
オープンの大会にしては、すこしレベルが・・・という気もしますが、SFと決勝の相手は強かったです。特に決勝の相手の女性は・・・打っても打っても面だけ合わせて返されてしまいます。ミックスはショットの良さもさることながら、戦術やコンビネーションが男ダブ以上に重要ですので、こういう人と出来たのはいい勉強でした。

これは、男ダブにもいえるのですが、ある程度のレベルになると相手のいるところに打ってもすべて返って来る。かといってコントロール重視で入れに行くと、逆襲を食らう。ということで、仕掛けのショットはもちろん、決め球にもスピードとコースの両方が求められます。その辺のいわばシビアさが、まだ自分には掛けていると気付かされました。
もっとも、本日学んだ最大のことは「自分が下手にポーチにしゃしゃり出るより、ペアにストロークで攻めてもらった方がはるかに得点できる」というもの。自分の存在意義について深く考えさせられました(^_^;)

下僕の法則その5
「ミックスダブルスにおいて、自分のショットの回数と、その試合に勝利する確率は反比例する」

そうそう、今日はコイントスが6戦全勝でした。確率にすると2^6で64分の1。
「今日は俺の日だぜ!」と一瞬マジに思いましたが、こんなんで運を無駄遣いしている自分に情けなくなりました。
あと、優勝商品はテニスシューズ。但し、ジミー今井がこよなく愛するタッキーニ製・・・これまた微妙です。

| | コメント (4)

2006年9月16日 (土)

スモーカーの危機!

今日は涼しかったですね。

今日はコートの面数の割りに人数が少なかったので、試合練を中心にやりました。

先日壁打ちした際のボールを押す感覚と、メンタル対策としてボールに集中することを意識してやってみました。

で結果ですが・・・

対フーミン氏 5-7で×
対ミッチー改めジンジャー氏 3-6で×
と2連敗を喫しました。フォアハンドは・・・まぁこんなものかなという感じです。ボールに集中するのは・・・固くなることは少なかったとは思います。まぁ仲間のエキジビジョンですから(^_^;)リターンミスが多かったので、集中という点ではイマイチでしょうか。更なる精進が必要のようです。
それにしても、今日のジンジャー氏は強かった!
あのエロいスライスはもちろん、サーブとフォアが凄く強力になってました。特にフォアのクロスの切れは抜群で、いい形でネットを取ったのに、クロスアングルにパスを決められる展開が数多くありました。

最後にダブルスを・・・ナムさんと組んでフーミン・ジンジャーペアと対戦です。
いきなり出だしから9ゲーム連取されまして(^_^;)0-6、0-3と相成ります。
この屈辱に心に火がついたのか、ナムさん俄然当たりがよくなり始めて逆襲を開始、(多分)4-4になったところで、時間が来て終わりました。すでに5時間ほど連続してプレーしており、全員が疲労の極地に達してまして・・・最後のゲームは打つたびに「うりゃー!」だの「んぁぁー!」だの叫んでおりました。この異様な高揚感はプレーしたメンバーしかわからないだろうな・・・

最後にぐったりして、一服しているところで衝撃の事実が・・・数少ないスモーカー仲間のナムさんが禁煙を始めたと・・・。その話をしていたらジンジャー氏も加わり、「パ○ン王国の会則にタバコ禁止条例を盛り込もう」などととんでもない方向に話が進みます。
下僕、喫煙は社会人になってから始めたのですが、今や切っても切れない深い仲。こんな会則ができたら、私はパ○ン王国から追放処分を受けること請け合いです。それが狙いか!
これは断固阻止せねば・・・

| | コメント (4)

2006年9月15日 (金)

ミラーマン 再び!

ちょっと1日遅れちゃいましたが・・・あのミラーマンが戻ってきました!

名古屋商科大大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)が、電車の中で女子高校
生の体を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていたこ
とが分かった。
 警視庁によると、植草容疑者は13日午後10時ごろ、京浜急行品川―蒲田駅
間の下り電車内で、女子高生(17)の下半身を触った疑い。蒲田駅で突き出さ
れて、現行犯逮捕された。
 植草容疑者は早稲田大大学院教授を務めていた04年4月、JR品川駅で女子
高生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして同条例違反で逮捕、起訴され
、罰金50万円の有罪判決を受けている。
 今年4月から名古屋商科大大学院の客員教授として、教壇に復帰していた。同
大大学院事務局は「事実確認ができておらず、現段階でコメントはできない」と
話している。

この人は顔もまぁまぁだし、お金は余るほど持っているだろうし、頭もすごく良いんだろうし・・・つくづく人の心の闇の深さについて思い知らされます。

魂の漆黒の闇の中では、時刻はいつも午前三時だ。 by F.S.フィッツェジェラルド

| | コメント (0)

2006年9月12日 (火)

衝動

フェデラーに触発されたのでしょうか、本日帰宅した途端、衝動的にテニスがやりたくなりました・・・

気付いたら車に飛び乗り、車で15分ほどのところにある壁打ちまで来ていました。

小雨の中、何かに憑かれた様な壁打ち開始です。

一心不乱に壁に向かって乱打すること15分。ふと何かが掴めました。そう、私のフォアハンドです。今までテイクバックや打点やら身体のひねりやらに気を取られておりましたが、「ボールを押す」というイメージが欠けておりました。
これと「打点は前」は、下僕がテニスを始めたときに一番心がけていたものなり、です。
これを意識すると、どういうわけか打点への入り方が楽になったような・・・。特に逆クロス系が良いです。

これが、神の啓示であらんことを祈っております。

| | コメント (0)

too hot to handle

タイトルの邦題は「燃えたぎるギター」と申しまして、UFOの代表曲でございます。

下僕、この手の音楽をこよなく愛しております。ただ、悲しいことに音楽的なセンスはゼロ。加えて不器用極まりないので、とてもギターは出来ません。高校生のとき、ラケットをギターに見立てて、ジョージマイケルのものまねをやってたぐらいです。今思い出すとかなりイタイです。が、この、「ラケットでギター」は誰しもが一度は通る道と思っています。

そんな私の心にモロにヒットしたのが、このニュース

日本人がエアギター世界選手権で優勝!!

Photo_14

エアギター???こんな渋いものがあったのか・・・しらなかった・・・「折れるギターが見えた」というコメントには涙を禁じえません。

画像はこちらから

| | コメント (4)

2006年9月 9日 (土)

埼玉県大会 玉砕!

本日は埼玉県大会予選に行ってまいりました。

昨晩終電まで飲んだためか、朝起きると身体がひどく重かったです。心も重いんですけど・・・関係ありませんね。
あと、腹筋をはじめとする体幹部にすごい筋肉痛が・・・どうやら先日ゴルフをした影響が今日出てきたようです(-_-;)

それでも何とか早起きし、大宮までGO!道が予想外に空いてたので、1時間前に着いちゃいました。こんなとき、すごく損した気持ちになりますよね。

で、試合です。2回戦inですが、初戦はダブルのバックハンドが強烈なプレイヤーでした。ただ、この方は下僕並みにフォアハンドがダメな人らしく、2ゲーム目から相手のフォアにボールを集中させる方針に転換、6-2で何とか勝利。
次の3回戦は強力なストローカーが相手。足も速いし、フォア・バック両方とも攻撃できるという下僕が一番苦手なタイプの方でした。で、0-6で吹っ飛ばされましてございます(泣)

ダンゴで負けたのは久しぶりですが、自分に足りない部分が良く分ったので勉強になりました。自分、振り回されたときに均衡状態を保てるフォアハンドが無いんですよね~。

あまりに早く試合が終わったので、パ○ン王国の練習に途中参加し、マチコ女史に会費を納めて、ダブルを2試合混ぜてもらいました。今の気分を反映してか、冴えない展開でした・・・これもお約束ですね

アッシリアは滅び、バビロンも滅び、そして今カルタゴも炎上している。つぎに来るものはローマであろうか… by スキピオ

仕事はダメ、人間関係もダメ、そして今テニスもダメになりつつある、次に来るものは人生であろうか・・・ by 下僕

| | コメント (2)

2006年9月 8日 (金)

雨にも負けず、鬱にも・・・

負けていられません。
いつまでも凹んだままではジム・レーアー博士に申し訳ない!
そうだ、ここは一つ運動療法だ!
と急に思い立ちまして・・・久しぶりにゴルフの打ちっ放しに行こうと会社で決心、早帰りを敢行致しました。

今日は雨が降りそうだったので、傘を持参で出勤したのですが、見事に会社に置き忘れて帰宅。駅から自宅まで濡れねずみとなって歩きました・・・

帰宅すると、ものの5分で雨は上がっておりました・・・

最寄の練習場にいくと、受付で財布を忘れたことに気付きました・・・

家に帰ってから再び練習場にいくと、何故か急に混雑しており、平日にも関わらず結構待たされました・・・

ただでさえ凹んでいるのに、お約束の様に試練が襲ってまいります。どうやら人間だけでなく、神様まで本気で私のことを嫌っているようです。雨はマチコ女史の差し金でしょうか

災い転じて福となす。さすがにここまで来ると、怒りが溜まりまくりますが、お陰でジム・レーアー博士の本にあったハイ・ネガティブの状態が何たるかを体得できました(-_-;)

実は、結構前に心優しき上司からドライバーを貰っておりまして・・・今日はストレス解消のためそのデビューというわけで、いきなりドライバーを打ちまくることにしました。
ただ・・・このドライバーが固い!かなりの上級モデルらしく、スイートスポットを外すと結構な衝撃が走ります。左手の握力がなくなるまで、ボールを引っ叩き続けましたが、さすがにここまでやると、10のうち1くらいは良い当たりが来ます。その瞬間の音とボールが宙に消えていく爽快感は・・・ゴルフを知らない人にはわからないでしょうね。
有終の美を飾るべく、ラストボールを渾身の力で打ち込んだところ、ボールはサイドネット一直線と相成りましたが・・・まぁこんなもんでしょう。

この記事を書いている今、幾分かは気分が良くなった気がします。博士の本には運動も心理状態を左右する要素として上げられておりましたが、確かに効果はあると思います。こんなときにはテニスをやると凹むこと請け合いですので、これからはゴルフもやってみることと致しましょう。

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

糸色望

と書いて絶望と読むのが、私がこよなく愛する「さよなら絶望先生」の出だしでございまして・・・

最近は・・・鬱です。
仕事・人間関係で凹むこと多しでして・・・ネガティブシンキングの王様を自任している下僕です、こんな時は「僕は世界中の人に嫌われている・・・生まれてきて済みません」的な思索が広がり、ベン・ジョンソン(古!)並みのロケットスタートで堕ちていきます。

そんな中、手に取った本がこれ。
「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」でございます。
著者は、あのメンタルトレーニングの草分けジム・レーアー博士です。

簡単に要旨をまとめると
・人の心理状態は①ハイ・ポジティブ②ハイ・ネガティブ③ロー・ポジティブ④ロー・ネガティブの4つに分けられる。
・ビジネスマンにも、スポーツ選手同様に「絶好調」のときがある。
・ハイ・ポジティブ=「絶好調」ではないが、「絶好調」になるときの心理状態はかならず、ハイ・ポジティブの状態にある。
・ゆえに、自分の心理状態をハイ・ポジティブにキープしておくことが、成功するのに不可欠。
・そして、自分の心理状態は自分でコントロールすることができる。
というものです。

博士によると、自分の心理状態をコントロールするには、食生活や態度、モチベーション等の要素で可能になるらしく、各要素でどうしたらいい状態に持っていけるかの解説もついております。これが、果てしなく面倒くさそうですので、とても下僕はやる気にはなりませんが、その要素の中に「ユーモア」が含まれていることには、意外感がありました。

もっとも、ユーモアにもいいものと悪いものがあり、「俺の残業代、マックの時給以下だよ」的なブラック・ユーモアはロー・ネガティブの典型的な例だと・・・道理で自分はブラック・ユーモアを好むわけです。

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

県大会撃沈(-_-;)

今日は某C県の大会予選に参戦です。

さすがに県大会だけあって、下僕が普段出ている市や区の大会に比べて参加者が若く、かつ黒いです。自分、会社では圧倒的に黒いほうに属するのですが、こういうところに来ると、完全に色白君です(^_^;)

初戦の相手は、細身の若者。球は速いがミスも早い、というある意味一番楽な類の相手でして、割と楽に初戦突破できました。

次の相手は・・・強いです!
色も黒いし、背も高い。サーブとフォアは私の倍くらいのスピードです。
結果は・・・8-9(4-7)で敗退でごわす。

思ったよりも相手のミスが早く、競るには競りましたが、何分相手のショットのスピードについて行くのが精一杯で、ネットに出るどころでは無かったです。その意味では自分のテニスは全くしていなかったと言えます。タイブレまでは常に先行する展開でしたが、やはり相手は歴戦の強者。勝負どころではスピードを落としてそれでも十分に速いのですが・・・、確率の高いテニスで攻めてきます。ノーアドのになったゲームが3つほどありましたが一つも取れませんでしたし、タイブレークでは4-5から2本連続で威力のあるファーストサーブを食らってリターンを返せず・・・撃沈しました。

ビデオで確認した点も含めて、以下反省材料です。

・後半になるにつれ、フットワークが悪くなってました。遠いボールは目立たないのですが、近いボールを処理するときに細かい調整をしていないため、余裕があるのにミスをするケースがありました。
特にフォアハンドは苦手意識があるせいか、ほとんどのショットをオープンスタンスで打っておりました。そうそう、相手の方には「フォアハンドで一番大事なのは、フットワーク。特に踏み込みが大事。」とのアドバイスを頂きました。

・ボールを見てない
せいでしょうか?後半はスイートスポットに当たらないショットが多かったです。

・腰が浮いている
膝が伸びきってました。あれじゃフォアハンドは入りません。序盤と後半では膝の曲がり具合が全然違います。まぁ、拾い捲ってかなり疲れてたので、やむをえないといえばそうなのですが、全てのショットではなく、勝負どころでは腰を落とすべきですね。
特にフォアハンドでは、左膝の曲げを残すのがポイントだそうです。byタコさん

今日は2試合だけだったのですが、試合が終わったあとに太ももが攣りました。昨日やりすぎたのが原因かもしれません(^_^;)
「太ももが攣るのは年齢のせい。若いうちはふくらはぎが攣るもんだ」と誰かに言われちゃいました。自分、基本的に太ももが攣るんですよね・・・

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

新戦力

今日は会社のテニス部の練習に参加しました。

当社に中途入社した体育会OBの見る目が無い若者が本日初登場とのことで、少し期待しながらの到着です。新人君はT君という名前で、特徴は「でかい!」の一言。背はもちろん高いのですが、テニスプレーヤーにしては横幅もでかいのが特徴的端的に言うと「デブ」です。ただ、その体重の割には動作が俊敏で、ボレーのタッチがいいです。それとスマッシュとリターンが良いので、決定力があります。シングルとダブルス両方でポイントを期待できると感じましたので、秋の実業団はかなりいけそうです。

そのT君を交えて、今日は8時から2時まで6時間試合練を中心に練習です。基本的には実業団を想定して、ダブルスをやりました。当社テニス部、固定ペアがないんですよね。ここ2年間でかなりの組み合わせを試したのですが、どうも私以外のメンバーは協調性に欠けているらしく、いまだに固定ペアが出来ておりません(^_^;)
本日はダブルスを色々ペアを変えて4セットほどやりましたが、イマイチ決定的なものが感じられませんでした(笑)。

ここまでで、約4時間。今日は先週に比べて気温が高かったのに加え、早起きして結構疲れているはずなのに、何故か妙に体調が良かったことから、シングルの練習もやることに・・・。

テニス部のメンバー以外にも、たまたま遊びに来ていたKさん(♀)も含めての試合練です。このkさん、学生時代はインカレ選手というだけあって、女性なのにストロークとサーブは私よりも全然速い!というか私の球が男性にしては遅いだけなのですが(涙)
最後に彼女とシングルをやりましたが、何本のストロークエースを取られたことか・・・。何とか7-5で勝ちましたが、ネットに出る度に強烈なパスで蜂の巣にされ、最後はベースラインでシコってミス待ちのテニスで何とか逃げ切ったという情けない内容。うーん、明日の県大会はネットに積極的に出ようと思っていたのですが・・・

で、これが無謀でございました。最後の方は足が攣りかけて芍薬甘草湯を服用するはめに・・・お陰で何とか持ちましたが、車を2時間ほど運転して、家に帰った途端痙攣に襲われ、布団の上でもだえておりました(^_^;)
さすがに今は平気ですが、早くも体中がバリバリです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですな。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »