« 仕事場での会話 | トップページ | into the ZONE »

2006年10月14日 (土)

下僕、夢に○○となる?

すいません。また仕事ネタの続きです。

実は今日の朝、辞令を言い渡されました。

部長「君は次にアメリカに行ってもらうことになった」
下僕消え入りそうな声で「え・・・。アメリカですか・・・。それはあまり気が進みませんが・・・」
部長「でも、西海岸だよ~。これなら行くだろ」
下僕即答で「行きますとも!」

というわけで、その日のうちに飛行機でアメリカに飛ぶことに。現地に着いたらまずは家探しです。幾つかのコネをわたって、若い学生らしきお兄さん達と一軒家を借りてシェアすることになりました。なにせアメリカ。一軒家といっても日本だと大邸宅みたいなもので、部屋はあまるほどあるんです。

ところが、このお兄さん達、実はゾンビだったんですね~。普段は普通の人なんですが、どこからか鐘の音が鳴ると、映画でよく見るあの表情になって襲い掛かってくるんです。ただ、こちらも慣れたもので、こんなときには用意されてある檻に入ります。外のお兄さん達は、その外でなにやらうめいておりますが、こちらはこちらで「早く終わんないかな。お腹減ったし・・・」なんてことを考えておりました。

ここで、目が覚めました(笑)
さすがに胡蝶にはなれませんでしたが、夢にしてはリアリティがあって、起きてしばらくは自分がアメリカ西海岸にいる様な感覚が消えずに残りました。よくよく考えれば、当社のアメリカでいけるところといえば、テネシーのド田舎くらい。西海岸なんて行ける訳も無いのです・・・

何で、こんな夢を見たかと自分なりに考えると・・・

金曜日には会社の廊下で、元CFOで現在はアメリカにいるおっかない役員さんとすれ違い、「今度こっち来る?」と声を掛けられました。笑顔なだけにかえって恐怖感倍増!
「いやぁ、僕にはとてもつとまりませんよ~」とクロスカウンターで切り返すも「ちゃんと英語は勉強しといてね~」と強烈なトリプルクロスを食らってしまいました。ウルフ金串の顎を砕いただけに、かなりのダメージです(笑)

その後、現CFOが突然私の席に座り雑談を始めまして・・・
「インドはいいぞ~。各自に運転手は付くし、庶務をやってくれる若いのが何人かいて、命令すればなんでもやってくれて王様みたいな気分になれるぞ。それにハードシップ手当ても付くから給料は2倍くらいになるぞ~。ただ、プライベートな外出は2ヶ月に1回だけだけど・・・」

なんてことが次々に起きたせいでしょう。
例のN女史が大喜びしたのは言うまでもありません。

「下僕さん、もう決まりじゃない!送別会いつがいい?場所の希望はある?あっ、いつもの天狗でいいよね~」

貴様だけは、いつか殺す。

|

« 仕事場での会話 | トップページ | into the ZONE »

コメント

ウルフ金串は懐かしすぎて涙笑です(i◇i)

インドでブパシと対決、または里帰りしたクリシュナン@港区あたりとの対戦レポートを楽しみにしています(^o^)/^^^

投稿: タコ君 | 2006年10月15日 (日) 22時41分

ウルフ金串に食いつかれる当たり、年齢がばれちゃいますね(笑)。
当社のインド拠点は行ったら最後、治安や衛生上の問題でひたすら会社と寮の往復の、修行僧の様な生活を送る様です。享楽主義の下僕にはとても耐えられそうもありません・・・

投稿: miwaken | 2006年10月16日 (月) 01時52分

先日から思っていたのですが、私は下僕さんの臨席のN女史様ととても気が合いそうです。一度下僕さんをはさんで反対側の隣に座ってみたいものです。

投稿: ジンジャー | 2006年10月16日 (月) 09時32分

ジンジャーさま
奇遇ですね。実は私もそう感じてました(笑)
よって、貴案は却下です。
そんな2人にはさまれた日には・・・私はストレスで死んでしまいますがな。

投稿: 下僕 | 2006年10月16日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事場での会話 | トップページ | into the ZONE »