« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

N女史語録2

好評の様ですので、第二弾を・・・

自らの悲運を嘆く下僕にN女史が
「下僕さん、きっと名前が悪いのよ。ためしに改名してみたら?」
姓名占いを薦めてくれました。

結果は・・・どうやら、幼年期(0-33歳)、中年期(33-55歳)、晩年期(55- )に分かれるようでして・・・当然、現在の状況である中年期っていやなネーミングだなに目が行きます。

家庭運: 凶
社会運: 凶
総合運: 大凶

思わず目が点になる一方、隣の席からは奴の哄笑が・・・こいつ、知ってて振りやがったな!

「下僕さん、大丈夫だよ!晩年期の総合運は大吉だから!」

確かにそうですが・・・それは55歳以降だから・・・あと20年間は大凶なんですけど!!

「だから早く改名しなって言っているじゃない!」出たな必殺の逆ギレ!

いつか呪い殺してやる。

| | コメント (5)

2006年11月27日 (月)

U市団体戦!

本日は先週雨天のため順延されたU市の団体戦です。

実は自分、社会人になって8年くらいほとんどテニスはしておりませんでした。4年くらい前に結婚してから、トン(嫁です)がスクールに行き始めたのにつられて、再開したのですが、その時入ったサークルがこのU市のアト○ックでした。

今は練習のメインはパ○ン王国になってしまったため、ほとんど顔を出しておりませんが、この団体戦だけは、自分にテニスの面白さを再認識させてくれた恩返しとして、出場させて頂いております。

と、大いに期待を煽る前置きをしてみたものの・・・あっさり2Rで負けてしまいました(笑)
うーん、チーム全体の力を見ると、こちらの方が上だったかな・・・とも思えるのですが、こちらの一番が向こうの一番に、こちらの3番が向こうの2番に、こちらの5番が向こうの4番に・・・という感じで当たってしまいました。さすが下僕の所属するチーム、運に恵まれておりません。

もちろん、一番同士の対決で相手の一番を潰せればいうことは無いのですが・・・我がチームの一番ペアとして下僕が出陣、という時点で、おじさんチームの悲哀が漂ってしまいます。

下僕の相手は20代前半の若者ペアで、強打もできるし、アングルも、スピンロブも打てるという強敵。ブレークとキープが入り混じる「ど突き合い」で6-6のタイブレになだれ込みます。タイブレに入ってからも「ど突き合い」が続き、ワンミニブレークダウン(こういう言い方ってあるんでしょうか?)の4-6のマッチポイント。ここで下僕のリターンに回ってくるのですが、このときテニスを再開してから今までの思い出が一瞬頭を駆け抜けます。

「この3年間、フォアハンドが打てないことばかり気にしていた。ここでつなぎのリターンしたら一生悔いが残る。ここは迷わず振りぬくべし!」

この気合に押されてか、相手の1stは入らず、2ndサーブへ、そしてそれがフォアサイドの丁度いいところに入ってきます。

「!!」

万感の思いと気合を込めてフルスイングした打球は、フレームにあたり、無情にも隣のコートのほうへ・・・

たとえ振りぬいても、結果が出なければ、悔いはやっぱり残ることを思い知らされました。

全体の結果も2勝3敗ですので、自分はA級戦犯確定・・・凹みました(泣)

今日の反省は・・・
・最後のリターンミスにばかり意識が行きますが、実はそこにいたる過程に問題があります。つまり、キープすべきゲームをキープできず、タイブレに突入してしまったことを反省です。
・具体的には、自分の前衛の動きに思い切りがありませんでした。取れるボールを見送る一方で、難しいボールに迷いながら手を出してボレーミス、なんて最悪のプレーもやってしまいました。
・ファーストボレーのミスが多かったです。特にリターンを沈められたときのフォアのハーフボレーは全滅でした。膝を曲げて丁寧に行ったつもりだったのですが、真ん中を外してました。
⇒ボールを最後まで見る意識を心がけてみます。
・フォアのリターンは、昨日に引き続きミス多しです。意識しないで自然と踏み込めているときはいいのですが、攻めを意識したためでしょうか・・・終盤はスイングが早くなってしまってミスが多かったです。
⇒たとえセカンドサービスでも、リターンの基本はタイミングを合わせて前で取ることですね。今日はスイングが少し大きかった様に思います。あと、身体が速く開きすぎている様な感じもありますので、ボレー同様、打点に顔を残すくらいの意識を心がけてみます。

その後、別の場所でテニスをしているトンを拾いにいきます。
こんな凹んだ時にはHRです。ということで、ヴァン・ヘイレンのEruptionを大音量で聞きながら向かいます。
コート近くのパーキングに縦列駐車を行い・・・ミスって愛車に傷が付きました・・・

気分直しにGSで洗車を・・・したら、すぐに雨が降ってきました・・・

エディの戦慄のギターソロをもってしても、ここまで来ると無力ですな。

| | コメント (4)

2006年11月26日 (日)

体調良し!

本日はパ○ン王国の練習に参加です。

天気も良かったですし、気持ち良く練習できました!
始めてすぐに、今日は妙に身体が動くことに気付きます。考えてみたら何の事はない、一昨日が祝日でテニスをやったからですね。やはり、平日5日を机にへばり付いて過ごすのと、1日でもテニスをやるのとでは、土曜日のテニスがまるで変わります。

ラリー⇒ボレーvsストローク⇒スマッシュ練⇒サーブからの反面ラリーと一通りこなした後に、ゲームです。ダブルス2回とシングル1回(5ゲームだけ)やりました。
今までアップ⇒試合形式でしたので、久しぶりに練習が出来た感じでよかったです!

今日の反省点としては、リターンの確率の悪さでしょうか。フォアサイドを主に守ったのですが、フォアのリターンがほとんどネット・・・。最近このショットは入っていただけに、ちょっとショック。本来の自分を取り戻した、と言えばそうなんですが(^_^;)
明日は先週流れた団体戦、自分はフォアサイドを守るんですけど・・

最後のシングルはジンジャー様とやりました!
2-2から下僕サービスを長いデュースからキープしたところで時間切れとなりましたが、非常に感じるところが多い内容でした。

何を感じたかって言うと・・・パ○ン王国のメンバーが最近レベルアップしてます!

自分、何を隠そう昨年のパ○ン王国杯のチャンピオンでして・・・、まぁ色々な見方がある勝ち方でしたが、決勝はあのタコ君さん1ゲームも取らせませんでしたよ、えぇ。
結果を知りたい方はこちらを。少なくとも、私が嘘を言っているわけではないことはご理解頂けると思います(笑)

毎年年初にパ○ン王国杯は開催されるのですが、今回は・・・まったく勝てる気がしません!

今日の参加メンバーのプレーを見て感じましたが・・・セキピー氏はジンジャー氏と互角に打ち合うなど、コンスタントなテニスができるようになってますし、天才ワカボンことワカさんも、ボレーが格段に上手くなっています。
特に、ジンジャー氏はストロークが非常に攻撃的になっており、ベースラインから何回もエースを取られました。今年のパ○ン王国杯チャンプであり、E区区民大会ベスト4のフーミン氏もそうなのですが、フォアもバックも振り抜いて打てるストロークとネットプレーの両方があるので、ストロークで相手を追い込んでからのネットへ詰めるパターンが実に有効に機能します。この2人に対しては、ベースラインで打ち合ってもダメ、ネットに出ても抜かれる、と下僕は非常に分が悪いです。そう、

ベースラインではへなへなボールでつなぎ、相手のボールが浅くなったらバックに回り込んでスライスのアプローチでネットに詰め、ボレーを決める、のではなくパスをミスってもらう
この下僕のビジネスモデルが全く通用しないのです。

そして、復讐の牙を研いでいるであろうタコ君さんも、彼等の様なプレースタイルを固めつつあります。

コピー機の特許で君臨したゼロックス、dos-vで世界のパソコンを制覇したIBM、はたまた、リジョンによる最強の軍隊と異民族を取り込むことにより世界帝国に発展した古代ローマ帝国、巧みな外交と合理精神で地中海貿易を支配したベネチア・・・特定のビジネスモデルで成功したものは、そのビジネスモデルが力を失うと衰退するのが世の必定・・・

かくなる上は、私下僕も攻撃的なフォアハンドを軸としたプレースタイルに転換することにします!来世には・・・ですが。

| | コメント (3)

2006年11月25日 (土)

N女史語録

一部の方から好評を博しましたので、オシム語録に倣ってN女史語録を・・・

下僕の課はN課長を筆頭に、私とY君の2名がいて、そして、アシスタントとしてN女史がおります。彼女は私とそれほど年は変わらないのですが、如何せんこの部署に10年くらいおりますので、猫が千年生き永らえて猫またになるように、彼女はいまや実質的なドンとして、当課に君臨しているのです。

なお、ここで紹介する彼女の発言集は、表現の簡略化等はあるものの全て事実、一切の誇張はない旨、念の為に申し上げときます(^_^;)

①彼女が産休に入る直前の挨拶で
「そばによらないでくれる? 何か悪いものが伝染りそうだから」

②ふとしたことから、守護霊の話題になり
「下僕さんの守護霊、あまりに過酷なのでもう逃げちゃったんじゃないの。それかすでに過労死したかもね。」

③ヤクルトを毎日飲んでも体調が悪い下僕に対し
「乳酸菌ってストレスに弱いんだって、補給するそばから大量死してるんじゃない?」

④いくら働いてもあい変わらず冴えない下僕の人事評価に対し、
「下僕さん、実力はあると思うんだけどね~、この会社では出世しないんじゃない?」
「この会社には、普通の人と頑張って出世する人、それから頑張ってんだけど出世できずに使い捨てにされる人に分かれるけど、下僕さんは典型的な最後のキャラよね。」

⑤この会社は人使いが荒すぎると嘆く下僕に
「下僕さん、普段から漢とか武士とか言っているんだから、今度社長の前で切腹してみれば?ひょっとしたら待遇よくなるかもよ。」これは当社ではシャレにならないんだよね~(^_^;)

⑥人を信じるべきか否かで意見が別れ
「なんでそうネガティブなの?あっ、でも下僕さんの人生を考えたら無理もないか、その方がきっといいと思うよ。」

人の皮をかぶった悪魔か、あんたは!?

| | コメント (3)

2006年11月24日 (金)

岩槻グリーンパーク参戦!

本日は勤労感謝の日でして・・・さすがにこの日ばかりは休まないとね、ということで本日は出社はせず、ジミーと組んで草トー参戦です!

会場はグリーンパークテニス岩槻で、過去の優勝者を見る限りでは相当レベル高そうです。また、千葉方面が中心な下僕はあまり埼玉方面には行く機会がないため、いい経験ができそうです。

前日に会社のテニス部の若手と灼熱に熱い飲みをしてしまったため、思い切り二日酔い・・・コンビニで「ウコンの力」を購入してから現地に向かいます。

会場に着くと、大勢のテニスバカが集合してます・・・みなそれぞれ「強い人オーラ」を纏っており、期待に違わぬレベルの高さを感じます。
その中で一際異彩を放っているのが我が相方のジミー。冴えない地味な白いアップの上下に、渋すぎるグレーのドカジャン的ジャンパーを着込んでおり、とても弱そうです。しかもこの男、なにを思ったかラジオ体操第一みたいな準備体操を一生懸命やっており・・・見事なまでに「強そうオーラ」を消しております。一方、私は私で「ウコンの力」を片手に青白い顔をしてベンチに横たわっておりまして・・・我が下僕ペアは、きっと狼の群れの中に迷い込んだ2匹の子羊の様に見えたことでしょう。

それでも予選ラウンドは何とか突破できました。4チーム中2チームが決勝トーナメントに進めるのですが、2勝1敗で2位抜けです。負けた試合も基本的にはオールキープの5-6でして、6ゲーム先取ですので負けは負けですが、自分的には「まぁ、今回は貸しにしといたろ」という感じです。

一方、トーナメントに入っても私の体調は良くなりません。頭痛は収まったものの、身体のダルさはエスカレートする一方。どうやら二日酔いは収まったものの、風邪を引いたようです(^_^;)

それでも、試合になると全力を尽くしてしまうのが、テニスバカというもの。明日の仕事のことは全て忘れて、決勝トーナメントに挑みます。

1回戦は、強烈なストローカーと、オールラウンドプレーヤーのペア。何度かいいリターンを食らいましたが、6-3で逃げ切りました。早い段階で相手サービスをブレークできたため、展開的には楽でしたが、5-3アップでの下僕サービスは10回くらいデュースを繰り返した末のキープでして・・・ここを取られていたら逆の結果になることも有り得ただけに、まさに「辛勝」。

2回戦は、キレのよいプレーをする若者ペア。2人ともサーブが速く、ネットプレーが上手いです。相手の一人はサウスポーなのですが、フォアサイドを守ってまして・・・よほどバックが得意なんでしょうが、私のスライスサーブが舐められている様にも思えます。そこで、「本当のスライスサーブを教えてやるぜ!」とばかりにアングルにスライスサーブを入れたら、3倍のスピードでダウンザラインのリターンエースを食らいました。前衛のジミーも全く動けず・・・本当のリターンというものを教えて頂きました(^_^;)

結局この試合は2-6で負け。序盤はオールキープで2-2までいくも、そこから長いデュースのゲームを2つ連続で落とし、一気に押し切られてしまいました。相手は球は速いものの、まったく隙がないというわけでもなかったので、最後まで勝つ気でいたのですが・・・長いデュースのゲームを落としてから集中力が切れてしまったのがイタかったです。

この試合に勝てばあのカリスマプレーヤー内○兄弟と対戦できただけに、残念な結果ではありますが、まぁ実力で負けたので文句も言えません。
ダブルスはシングルスよりも展開が速いので、集中力を持続させることの重要性を痛感しました。そして、集中力を持続させるには、体調がよくないといけません。
プロの試合なんかを見ていると「体調がよくないのに、精神的な強さで勝った」的な解説を耳にしますが、個人的にはこの言葉を褒め言葉と受け取ることに疑問を感じます。「精神的な強さ」の定義にもよるのでしょうが、基本的には「インナーゲーム」や「メンタルタフネス」にあるように、「メンタルの強さ」=「集中力」でしょう。そして高い集中力のベースは、良いコンディションなのです。人間ですから、常に「良いコンディション」=「良い精神状態/高い集中力」とは限らないでしょうが、少なくとも「悪いコンディションでの精神状態」の方が「良いコンディション時の精神状態」よりも良くなることはないはずです。したがって、上記のコメントは「体調がよくない中、勝つための最低限のプレーをする程度の精神的な強さはあった。」と読み替えるべきでしょう。

風邪薬大量投与で、少し体調は落ち着いてきました。今日休んだため、明日は勝負所が満載・・・仕事も集中力が大事なんですが、テニスですら集中できないのにましてや・・・という感じです(^_^;)

| | コメント (2)

2006年11月22日 (水)

一難去って・・・

20日にずっと私を苦しめてきた大きなイベントが終わりまして・・・今日は久しぶりに余裕を持って出社です。

しかし・・・そんな安らかな心境がいつまでも続くわけはなく、出社するなり偉い人に呼び出され、山ほど宿題を頂戴いたしまして、再び終電帰りの日々が続くことに(泣)

まったくもって、心穏やかな仕事場とテニスのゾーンは長続きしない、ですな。

一つの課題をこなすと、二つ新たに降って来る・・・多重債務者の心境が痛いほど良く分ります。もう自己破産申請しちゃおうかな、今まで何度そう思ったことか・・・でも言えないんですよね~。何せ下僕ですから。雇ってもらえるだけで、幸せというものなのでしょう。

思わず、隣の席のN女史に愚痴をこぼすと「へぇ~、下僕さんでもそう思うんだ~。下僕さんはどこにいってもつらい思いをする人なんだから、いい加減に人並みの希望を持つのは諦めたら。」との冷たい宣告。この女いつか殺す

今はどの会社にもシュレッダーがあると思いますが、当然いつか満杯になりますな。ただ、大抵の人は、紙くず箱をぎゅうぎゅう押し込んで、何とか自分の分を済ませるものです。ただ、いつかは限界が来ます。いくら押し込んでも「紙くず一杯」の警告等が消えてくれない時が来るのです。えてして使用頻度の高い人は「その時」には居合わせず、滅多に使わない割には、たまたまくず箱が臨界点に達したときにシュレッダーを使ってしまい、ゴミの交換を強いられる不運な人がどこの会社にもいるものです。
N女史に言わせると、それがまさに私だそうで・・・曰く「下僕さんがいるかぎりこの部署は楽にならない。今の混乱が収まればここも少しは楽になるけど、その時には下僕さん、絶対に他のきつい部署に異動するからぁ!」

人の不幸が、そんなに楽しいかぁぁl!

愚痴はそれくらいにしまして・・・先日の1万ヒット達成ははいぼう様でした(^_^;)
私同様、サラリーマンプレイヤーとのことですが、ご愛読頂けるだけでもありがたいのに、普段テニスをなさっているサークルにご招待頂けるとのこと!

これはこれで、とても嬉しいのですが・・・
今恐れているのは、実際にお会いしたときのこと。いくら私が冴えない人間といっても、年がら年中不幸に見舞われているわけではないので、「なんだ、普通じゃん」とか「お前それじゃつまんない」とか言われそうなんですよね・・・(^_^;)

| | コメント (5)

2006年11月19日 (日)

5,670円と3,990円

本日は久しぶりにパ○ン王国の練習に参加です。
といっても、2週間空いたくらいなんですが・・・

最初の2時間は目や身体が慣れず、我ながらひどい出来でしたが、その後は身体が動きはじめ、まぁまぁの出来でした!

特に最後の30分くらいは、ビジターでいらしたTさんとM姉御のミックスペアに、マチコ女史とのペアリングで挑ませてもらい、大変勉強になりました。Tさん、それからご配慮頂いた王国の皆様に感謝です。

そうそう、練習後にマチコ女史が履いているサンダルに目が行きまして・・・

Bc7cf567s

こんな奴なんですが、皆様どうお思いでしょうか?

実は、このサンダル。下僕のテニスが短い頂点を迎えた先月のミックスの試合のときに、女史が履かれていたのですが、ひと目見て思わず言ってしまいました。

「マチコさん、ダメですよトイレのサンダルで外に出ちゃ」

写真は赤色なのですが、実際のマチコ女史着用モデルは水色で、トイレサンダルとしてのリアリティをより強く主張されておりましたのを、併せて報告させていただきます。

なお、マチコ女史によれば、本品はクロックス社製で、デザイン・機能性に秀でた逸品だそうです。

実は、先週の試合前のアップで右足を軽く挫いていて、今日やってみて痛みが増しているのにびっくりしました。通常平日の5日間ブランクがあると、大抵の痛みは消えているのですが・・・

日曜日には団体戦があるので、多少痛いからといってdefはで来ません。練習後、テニスショップに行き、サポーターの購入を検討しました。あれこれ試着させてもらい、買う前に値札を見てびっくり。5,670円・・・

テニスシューズもウェアも、5,000円より高いものは、下僕には分不相応として買わない自分です。うーん、今後もずっと使い続けるなら買うんだが・・・。5秒迷って、しばらくはテーピングで様子を見ることにしました(^_^;)

ちなみにマチコ女史のトイレサンダル、じゃなかったクロックスサンダルのお値段は3,990円程度だそうで・・・

| | コメント (2)

2006年11月18日 (土)

祝!1万ヒット達成!!

とうとう1万ヒット超えましたぁ!ご愛読頂いた方、通りすがりの方、どなたも本当に有難うございます!

幸い、暴君ジンジャー様に下僕として仕える危機は免れたものの、どなたが踏まれたのかはやはり気になりますね~。画面コピー添付してメール頂ければ何かしら送らせて頂きますです。ハイ。

今週末は土日両方休めそうですので、久しぶりにテニスに集中できそうです。一応日曜日にU市の団体戦があるので、そこに焦点を合わせてはいますが、日曜日は思い切り雨の予報・・・。やはり雨に憑かれている様です(^_^;)

| | コメント (4)

2006年11月16日 (木)

エアギター!その後

こんなものが出来たそうで・・・

エアギターが進化、弾くと音鳴るTシャツが豪州で登場

技術の進歩は早いものですな。

それはそうと、何と当ブログのアクセスカウンターがいつの間にか1万ヒット間近に!!

今年の2月くらいに思いつきで始めて、最初の内は1日2-3件のヒット。それでも、こんなブログでも見に来てくれる人がいるんだ!と大いに感動したのをよく覚えております。もっともアクセス解析してみたら全部自分だったんですが・・・寒い!

実は、今に至るまで「執筆」のスタンスは基本的に変わっておらず、完全に自己満足の世界にひたりきっております。そもそも始めた目的が、テニスの反省ネタなんかをノートにつけるのは面倒くさい、いっそブログに記録しとけば・・・ですので、更新はひどいときには週に1回くらいだし、内容もほとんどが愚痴に泣き言に自社の悪口。負け組ダメリーマンかくあるべし、といった感じです。これでIRやってるなんてねぇ~、我が社は華がない、とよく言われますが、人を見る目はもっとないようです。

ただ、そんな駄作の集まりでも、いや、駄作の集まりだからこそ愛着が湧くのでしょうか。色々な人に1万回も読んでもらったことは、ものすごく嬉しいことです。今年の中では、間違いなく自分のベストニュースです!
まぁ、テニスでは昨年の実績を超えることが出来ず、仕事面にいたっては比較するのも嫌になるくらい状況が厳しくなる云々、そもそも今年はいいことが殆ど無いというのも事実なんですが。

他の人のブログを見ると、この手の時には1万回ヒットを記録された人には何かしら記念品を贈呈するのが常の様です。タコ君さんみたいにテニスが強ければ、贈呈する小物の一つや二つはあるのでしょうが、自分何もないんですよね・・・。逆立ちマン様を見習って「下僕と2時間みっちり酒を飲める権利」しかも天狗あたりでなんてやってみたいんですが、こんなことを言った日には誰も見に来てくれなくなりそうです。挙句、自分で1万ヒットを踏みそうです。

| | コメント (10)

2006年11月12日 (日)

降りれない話

本日はE区のシングルス本選です。

結果は・・・、気合を入れて挑んだものの、6-8で初戦で散りました。
相手は自分と似たタイプのボレーヤーで、最初に4-1アップまで行きましたが、何とそこで足が攣りまして・・・。恐らく、疲労や試合の緊張感とアップ不足、気温の低さ等が重なって起きたのだと思いますが、初戦の6ゲーム目で足が攣るのはちょっと恥ずかしいです。

4-1から4-4まで追いつかれ、その後キープが続いて6-6まで行きましたが、最後の2ゲームを連取されました。相手が終盤に調子を上げて来たのに対し、こちらは尻すぼみで、合えなく逆転負けを食らいました。0-30とか15-40までは取れるのに、そこからブレークできかったのが直接的な敗因でしょうか。もちろん、そこから相手がいいプレーをしたのは事実ですので、文句のつけようがないのですが(自嘲)。

それはそうと、朝のdefコールのときのんびりタバコを吸っていたら、大会スタッフから「そこの人、タバコ吸いたきゃ喫煙コーナーいって!」と満場の中で指摘され、少し寒い思いをしました。試合後もジンジャー氏から「タバコ吸ってなきゃ8-6で買ってたかもしれないのにね~」といわれちゃいました。

確かにタバコを吸うことによって血管が収縮するので。痙攣の一因にはなっているとは思うのですが・・・そんなときに思い出すのは、かつての上司の言葉です。

「俺はタバコも酒も飲む、それによって自分の身体を鍛えているんだ言い切った!

曰く、「普段酒やタバコで身体に負荷をかけていると、止めればマイナス要素がなくなるんだから、その分プラスに働くはずだ」。そう、タバコは例えるなら高地トレーニングみたいなものなのです。
これに雷に打たれた様な衝撃を受けた下僕、「酒もタバコも行けるとこまで行ったれ~」と決心しているのですが・・・
よくよく考えてみると、「止めれば」身体にいいんであって、止めなければだめなんですよね。そう、高地トレーニングは平地に降りてこそ意味があるのです。

これで、秋のシーズンの大会は一通り終了!
最後の試合は、今の自分の状況を考えるとまずまずと思えるのですが、口惜しくないかと言えば嘘になっちゃいますね。まぁ、これもテニスです。
来期に向けて精進します!

| | コメント (6)

2006年11月11日 (土)

That's right!

タイトルを読んでください・・・ザ・ツライッ!
そう、今週も辛かったっす。
下らないネタで済みません。死んでお詫びします。

もっとも、ただ辛くて泣いているだけでは男の子ではありません。本日は10時まで粘って何とか明日は休めることに!

E区本選、頑張ります!事前練習なしなので、ボールに当たるか不安ですが・・・

| | コメント (0)

2006年11月 4日 (土)

実業団秋の陣、敗退・・・

今週は仕事でサンドバック状態が続きましたが、何とか決算発表という当面の山を乗り越えることができました。もっとも、これからヒマラヤ級の難易度の課題が山積なんですが(^_^;)

いずれにせよ、この3連休は休んでよい土日祝日休むのに許可が必要なんて、この会社何かが狂ってますとのことにて、久しぶりのフル休日です。

ただ、企業戦士兼テニスバカたるもの、だからといって本当に休憩してしまっては失格です。日曜日の実業団のプレーオフに備えて、土曜日は試合練習をみっちり行いました!で、その日は23時にお休みなさいです。

日曜日は、11:30有明にて試合開始です。余裕をもって9時起床。家から30分くらいの距離であるにも関わらず、10時には家を出ます。真の漢たるもの、何事にも余裕を持たなくてはなりません。

ところが・・・

高速に入ってものの5分で、「渋滞8km」の表示が・・・

一体何が起きたのでしょう?3連休の中日ではありますが、この区間が混んでいることはまず有り得ない出来事です。止むを得ず、葛西で高速をおり、湾岸で有明を目指します。

ところが・・・

ことらも大渋滞・・・時間は11時を過ぎましたが、ほとんど近づいておりません。苦しいときには大いに乱れても宜しいのが、小者の特権です。というわけで、車の中で喚き散らしますが、下僕の絶望の叫びも空しく、車の列はまったく動きませぬ。

結局、11時40分に会場に着きまして・・・defかと思いきや、試合開始は11時50分からということで、ギリギリセーフ!もっとも他のメンバーのリアクションは予想以上の寒さ。
「下僕さ~ん、今何時だと思ってるんすか~」
「遅刻って、確か坊主だよね~」
「いやぁ~、学生じゃあるまいし、坊主じゃすまんでしょう・・・。やはり誠意を見せてもらわないとね~」お前やくざか!?
35歳にもなってスキンヘッドは・・・ネオナチと間違えられそうなので、土下座して謝り、許してもらいましたメンバーは皆10歳以上年下の奴らなのに・・・。

思い切りあせりましたが、何とか試合開始です。
オーダーは、メンバーの中で頭一つ抜けているT君をシングル2に持ってきて、これは必ず取る。ダブルスは私と超ハードヒッターのK君で組んで、これも取る。シングル1は・・・華々しく散ってくれ、君の事は一生忘れないよ・・・という言葉とともにH君が担当することに。これで、2勝1敗で勝利するというシナリオです。

最初にダブルスです。アップを始めてびっくり。相手の監督かと思われた老人、失礼、壮齢の男性がコートに入るではありませんか!ラリーしても、こちらのボールに面を合わせるだけ、スマッシュなんて肩がほとんど回っていません。
相手が弱いだけ力を発揮するのが私です。開始前から楽勝ムードでトスに勝ち、サーブを選択します。

ところが・・・今日はこればっかりだ~

このおじいさまたち、メチャクチャ上手いぃぃ!!
リターンはきっちりクロスに返してくるし、サーブは遅いのに、ボレーがいいのでブレークできない・・・、4-4までもつれます。ペアと話して、これは正攻法では勝てない、私がとにかくポーチに動いて相手をかき回す、という戦略を採用。これが当たって、1stは6-4で取ります。
2ndは大分リラックスできていい感じに・・・できたのは最初の1ゲームだけ。あれよあれよとブレークされ、あっと言う間に1-4ダウンになります。ここから、我々も気合が入り、何とか4-4に追いつき、一旦4-5とされるも、下僕サーブを0-30からキープに成功。5-5へ。結局7-5で何とかまくりきれました・・・

試合が終わったあとに、向こうのペアが話かけてきて・・・
「先週、全日本の60歳以上の試合があってね・・・」
「単複両方出たんだけど、シングルは相手にしこられて5時間半以上やっちゃってね・・・さすがに疲れがとれないよ」
どうやら、凄い方のようでした(^_^;)

我々が勝利した後、当方のシングル1は見るからに強そうな相手の1に5-7、2-6で潔く散り、勝負の行方はシングル2にかかります。

相手は・・・これまたおじさん。当方のエースT君のストロークに気の毒なくらい振り回されております。すべて我々の計画通りです。1stは6-0でとり、2ndは4-1アップまで確認したところで、もう勝敗が見えたので、他の試合を見学することに。
15分くらいで会場を一回りし、そろそろ終わる頃だな、とコートに戻ることに。

ところが・・・これが最後です

T君が、なにやら掬い上げられた金魚みたいにあえぎながら、一生懸命ストロークを打ってます。スコアは4-5とのこと・・・。まぁ、何とかなるだろ・・・と思っていたら、5-7で落としました。
ファイナルは、3-3まで互角の展開でしたが、ここからT君の集中力が切れたのか、ストロークでミスを連発。なんと3-6の逆転負け・・・

100人いたら100人がT君の方が強いと断言するに違いない実力の差はあった様に見えたのですが・・・相手の方は、その実力の差が出ない様に、上手く展開を作っておりました。簡単なミスは全くせず、こちらがいいボールを打ったときは低い弾道のスライスでしのぎ、こちらがつないだボールだけ、フラット系のボールで深くアプローチ、無理なパスを打たせて自滅を誘う、という展開で最後はやられました。

残念ながら、4部昇格はなりませんでしたが、今日は良い勉強をさせてもらいました。
あのおじさまの様に、自分も勝負強くなりたいもんです。

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »