« 体調良し! | トップページ | N女史語録2 »

2006年11月27日 (月)

U市団体戦!

本日は先週雨天のため順延されたU市の団体戦です。

実は自分、社会人になって8年くらいほとんどテニスはしておりませんでした。4年くらい前に結婚してから、トン(嫁です)がスクールに行き始めたのにつられて、再開したのですが、その時入ったサークルがこのU市のアト○ックでした。

今は練習のメインはパ○ン王国になってしまったため、ほとんど顔を出しておりませんが、この団体戦だけは、自分にテニスの面白さを再認識させてくれた恩返しとして、出場させて頂いております。

と、大いに期待を煽る前置きをしてみたものの・・・あっさり2Rで負けてしまいました(笑)
うーん、チーム全体の力を見ると、こちらの方が上だったかな・・・とも思えるのですが、こちらの一番が向こうの一番に、こちらの3番が向こうの2番に、こちらの5番が向こうの4番に・・・という感じで当たってしまいました。さすが下僕の所属するチーム、運に恵まれておりません。

もちろん、一番同士の対決で相手の一番を潰せればいうことは無いのですが・・・我がチームの一番ペアとして下僕が出陣、という時点で、おじさんチームの悲哀が漂ってしまいます。

下僕の相手は20代前半の若者ペアで、強打もできるし、アングルも、スピンロブも打てるという強敵。ブレークとキープが入り混じる「ど突き合い」で6-6のタイブレになだれ込みます。タイブレに入ってからも「ど突き合い」が続き、ワンミニブレークダウン(こういう言い方ってあるんでしょうか?)の4-6のマッチポイント。ここで下僕のリターンに回ってくるのですが、このときテニスを再開してから今までの思い出が一瞬頭を駆け抜けます。

「この3年間、フォアハンドが打てないことばかり気にしていた。ここでつなぎのリターンしたら一生悔いが残る。ここは迷わず振りぬくべし!」

この気合に押されてか、相手の1stは入らず、2ndサーブへ、そしてそれがフォアサイドの丁度いいところに入ってきます。

「!!」

万感の思いと気合を込めてフルスイングした打球は、フレームにあたり、無情にも隣のコートのほうへ・・・

たとえ振りぬいても、結果が出なければ、悔いはやっぱり残ることを思い知らされました。

全体の結果も2勝3敗ですので、自分はA級戦犯確定・・・凹みました(泣)

今日の反省は・・・
・最後のリターンミスにばかり意識が行きますが、実はそこにいたる過程に問題があります。つまり、キープすべきゲームをキープできず、タイブレに突入してしまったことを反省です。
・具体的には、自分の前衛の動きに思い切りがありませんでした。取れるボールを見送る一方で、難しいボールに迷いながら手を出してボレーミス、なんて最悪のプレーもやってしまいました。
・ファーストボレーのミスが多かったです。特にリターンを沈められたときのフォアのハーフボレーは全滅でした。膝を曲げて丁寧に行ったつもりだったのですが、真ん中を外してました。
⇒ボールを最後まで見る意識を心がけてみます。
・フォアのリターンは、昨日に引き続きミス多しです。意識しないで自然と踏み込めているときはいいのですが、攻めを意識したためでしょうか・・・終盤はスイングが早くなってしまってミスが多かったです。
⇒たとえセカンドサービスでも、リターンの基本はタイミングを合わせて前で取ることですね。今日はスイングが少し大きかった様に思います。あと、身体が速く開きすぎている様な感じもありますので、ボレー同様、打点に顔を残すくらいの意識を心がけてみます。

その後、別の場所でテニスをしているトンを拾いにいきます。
こんな凹んだ時にはHRです。ということで、ヴァン・ヘイレンのEruptionを大音量で聞きながら向かいます。
コート近くのパーキングに縦列駐車を行い・・・ミスって愛車に傷が付きました・・・

気分直しにGSで洗車を・・・したら、すぐに雨が降ってきました・・・

エディの戦慄のギターソロをもってしても、ここまで来ると無力ですな。

|

« 体調良し! | トップページ | N女史語録2 »

コメント

お疲れ様でした。
直接対決は出来ませんでしたが、応援に力が入る試合が多かったですね。
わがチームは、1チームデフォのハンデ+それに加えやや見劣りする戦力・・・回らない事を覚悟で監督が最終戦勝負のオーダーを組みました。
「マイケルチャンス君は勝負強いから最後ね!」っと・・・(苦笑) まさかNO2を最終戦に持ってくるとは思わなかったでしょうね。
0-2で負けリーチでの大将戦見応えがありました。
観客の一人として、序盤良かったフォアハンドが最後の数ゲーム乱れたのは、打ち急ぎボールを十分に引き付けられなかったことと体の軸のブレだと思いました。かなり前傾になっていたためネットが増えたのでしょう。
あの後、苦手のナイター(遠近感がなくなりストロークが打てない)になり強打が打てなくありえないエラーが続出。勝てる相手にボコボコにやられました。3位決定戦は残念ながら自分まで回らず(また最終戦勝負作戦だったので)敗退でした。

投稿: マイケルチャンス | 2006年11月27日 (月) 13時03分

マイケル様
お疲れ様でした。
SFと3決で勝てなかったのは残念でしたね。確かに普段昼間にしかやらないと、ナイターはつらいですね。
アドバイスもありがとうございます。全くご指摘の通りです。勝負どころこそ冷静にやらなきゃいけないんですよね~。

投稿: 下僕 | 2006年11月28日 (火) 00時02分

色々お疲れさま&ドンマイです。
かのスティーブン・ホーキング博士は、賭けで自分の研究内容を否定する方に乗ったそうです。なぜなら、万一研究が無駄になった場合、せめて賭けには勝つことができるから、だそうです。要するにささやかな保険ですね。何が言いたいかというと、ブログのネタができてよかったですね、ということで。。
「練習でできないことは試合でもできない」というアドバイスをいただいたことがあります。私も耳が痛いです。でも考えてみれば当たり前ですね。というわけで、これからはなんか色々実戦的な練習やりますか。

投稿: ジンジャー | 2006年11月28日 (火) 04時46分

ジンジャー様
おぉ、まともな書き込みじゃないですか!やればできるんですね(笑)
ホーキング博士の発想は身にしみますね。ご指摘の通り、ネタが出来て良かったな、とは思いました。ついでに無駄話をすると、某作家は旅行に行くとき「ハプニングを期待する自分」に気付いて作家という職業の業の深さを嘆いたそうです。まぁ、その作家と私とは、フェデラーと私のテニスくらいの差があるのですが・・・
パ○ン王国の皆もレベルが上がったことだし、ちょっと変わった練習を取り入れてもいいかもしれませんね。

投稿: 下僕 | 2006年11月29日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体調良し! | トップページ | N女史語録2 »