« 手抜きはイカンですな | トップページ | ダブルス恐怖症? »

2007年2月24日 (土)

風にも負けず・・・

金曜日は部の歓送迎会に出席しましたが、そこで皆から顔色の悪さを指摘され・・・うーん確かに疲れているようです。
それにしても、我が部は相次ぐ人事異動で、部長交代が相次ぎまして・・・ここ1年間で3名の部長が交代し、今度くる部長は4人目。ヒト・モノ・カネの全てが欠乏し始めている当社の窮状を如実に表わしております(笑)

そんな中でも、企業戦士兼テニスバカのプライドにかけて練習を怠るわけにはいきません!本日は強風の中会社のテニス部の練習に参加です。

しかし、今日の風は強かった!しかも一方向だけでなくいわゆる「風が巻いている」状態ですので、風上かと思えば風下になったり、いやぁ難しいコンディションでした。これだけの風が吹く日はざらになく、ここ1年でベスト3に入るんじゃないでしょうか。

風が強い日のテニスは実に苦手です。幾人かにご指摘を頂いておりますが、自分のテニスは「感覚派」ですので、トスや相手のショットの弾道がぶれたりすると、修正が中々できません。実際打点を見る、なんてしたことないんですよね~。この癖はゴルフでも健在でして・・・ヘッドアップが多く、調子が悪いとトップばっかりです(泣)

というわけで、今日は各ショットの練習をするというより、風の強い日にはどういうテニスをすべきか、という一点に絞ってやってみました。
まずは、足を動かして、急な弾道の変動にも対応出来るように全身をリラックスさせ、スイングもコンパクトにし、大振りを防ぐ・・・

何一つ上手くいきませんでした・・・

うーん、分かっちゃいるんですけどね~。唯一の収穫としては、風下からのドロップショットは非常に有効、ということくらいでしょうか。普通に考えれば分るって(笑)

3人で一通り練習した後、シングルを総当りで2試合やりましたが、全員が全員ともにメチャクチャなテニスになり、下僕は2勝して長老としての辛うじて権威を保ったものの、達成感があまりに低かったですね~。

一つの大きなテーマとして、風の日は攻めるべきか防御に徹するべきか、を考えてみましたが・・・
・相手に攻められると、ショットのコントロールが難しい分、しのぎ切るのが難しい。特に風が巻いた状態だとロブを打つのは「大博打」。打った瞬間「やば、浅すぎ!」→「ラッキー、風で伸びるぜ!」→「フェンス直撃のバックアウト・・・」なんてロブが今日はありました(笑)
・したがい、攻撃は最大の防御ということになるのですが、攻めることによりミスもまた増えるのが物事の道理でありまして・・・下手をすると自爆して終わるリスクが大きい。

結論としては、
・相手と自分の調子を良く見極める。
・攻めも守りも確率の高いショットしか使わない。
ということになるのでしょうか。自分がある程度風に対応できていて、相手が明らかに調子をくずしている様なケースではディフェンスを中心とするテニスの方がポイントを取れる確率が高いです。五分五分なら、自分の中で最も確率が高いショットを利用して攻めを意識する。相手が良くて、自分がダメなら・・・玉砕覚悟でネットに突進!でしょうか(爆)

帰ってから思い立って、「ゴミ屋敷」と化した我が家の掃除を開始。勢いでラケバの中も整理しましたが・・・何故か馬の薬ことパスタノーゲンが無くなっている!
先日のパ○ン王国杯で使用したのが最後だと思うのですが・・・箱はあるものの肝心のチューブは陰も形もありません。あんなもの捨てたり落としたりすることもなさそうなんですが・・・

|

« 手抜きはイカンですな | トップページ | ダブルス恐怖症? »

コメント

下僕さん、
顔色が悪いなんて・・・働き過ぎじゃないですか?
心配しています。

それにしても、会社のテニス部って聞くと、学生のサークルまではいかなくても、コートに5人以上、4人コートに入っていたとして、他にも人がいるイメージがあるんですが、シングルスができるなんて、、、
下僕さんの週末のテニス環境はいつも贅沢極まりないような気がします。

風といえば、、、
いつも風の強い日に思うんです。
風上と風下、どっちが得意?
風上で注意すること、風下で有効なことは何?

リラックス・コンパクト、・とにかく足!!

風の中、いろいろ考えるのに~

最後は風のせいにして終わり・・・

そして風が止むと全て忘れてしまう・・・

今日は下僕さんが風をテーマに書いて下さったので、あとで数回読み返して、次回からの参考にしたいです。
(書いてくれると、コートで文字を思い出したりできるんですよね)

投稿: MAM | 2007年2月25日 (日) 16時58分

MAM様
実は、会社のコートはかなり僻地にあるのです。千葉県民の私は、練習時間と往復の交通時間が大体同じくらいです。
ただ、予約を取るのは激戦という点ではやはり贅沢な悩みなんでしょうね。

>最後は風のせいにして終わり・・・
そうなんですよね、上手くいかなくてもすべてを風のせいにして忘れてしまうことしばしです。相手にも風は吹くのですから、その中でベストのプレーができないとダメですね~。

投稿: 下僕 | 2007年2月25日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手抜きはイカンですな | トップページ | ダブルス恐怖症? »