« 人事と書いて「ヒトゴト」と読む | トップページ | 職業選択の自由と仲間意識と格差社会 »

2007年4月10日 (火)

打つべきかつなぐべきか

今週末の報告をさせて頂きます。土曜日に法事がありまして・・・地方で行われますので、日帰り出張です。この手の集まりは、顔見知りの従兄弟なんかに会えるのは楽しいのですが、こういった席でしかお会いしない親族の方も大勢いらっしゃいまして・・・人見知りの激しい、内向的な下僕にはつらい会です。仕方ないので、真昼間から焼酎を飲んだくれてました(笑)

日曜日は先週に引き続き実業団です。
本日の相手は、以前対戦し敗戦したチーム。どうも相手のNo.1は外部の助っ人らしく、JTA100位台でかなりのツワモノ。事の是非はともかくとして、間違いなく「化け物」クラスですので、ここで落とすことを前提としてオーダーを組むしかありません。
ということで、今回も前回同様単複両方に出場。もちろん、シングルスはNo.1で出て、かのツワモノに当たって散る、いわゆる「捨てワン」を拝命することに。

男は、たとえ負けると分かっていても、立ち上がらねばならない時がある。

このセリフ。言うべき時に言うべき人が言うと、たまらなくしびれるのですが、如何せん下僕が言うと、ギャグかリスクヘッジの言い訳にしか聞こえないらしく。
「捨てワンだからといって気楽に負けんといてください。やる以上は勝ちにいってくださいね!」と言わずもがなの念押しをされてしまいました・・・
こういうときに、普段の行動が大事なんですね。

ところが、当日は前回来ていた助っ人君は不在で、おじさん中心のラインナップとなっております。喜び勇んでやや失望して試合に臨むことに・・・

まずはダブルスで2勝します。続いてシングルも2番手と3番手を取り、あっけなくチームの勝ちが決まりました。

で、下僕のシングルの相手は、ダブルスでも当たった下手そうなあまり上手くなさそうなおじさんです。ダブルスは楽勝でしたし、チームの勝ちも決まっていることもあって、この程度の相手に本気を出すなんて、真の漢を目指す者にっとては名折れ。ここはひとつワンランク上のテニスを見せつけてやるか。

なんて発想も出てしまいます。
実際アップをしてみても、足は動いてないし、バックはセンスのかけらも感じないちょん切り、いやぶった切りのスライスしか打ちません。このあたり、スライスフェチな下僕としては、納得できないところです。

試合開始です。

あっという間に1-5ダウンです。

一体何が起きたのでしょうか・・・
極力簡単に言うと、相手が上手いのです!
足が動いていないので、来た球を棒立ちで横殴りにひっぱたくのですが、これが実によく入る。例のバックのぶった切りスライスも、本番になった途端、すさまじい角度で下僕を襲います。こんなショットをやっとの思いで拾うと、デッドゾーンからのロングボレーでポイントを決められる。こちらがネットに出ると、横殴りのインチキショットでアングルに落とされたり、神の領域のオンラインロブで頭上を抜かれる・・・

もちろん、こちらがダメだった部分もあります。「格上のテニスを見せる」なんて間抜けなことを考えたばかりに「下らないミスはできない」という意識が芽生えて振り抜きが悪くなってました。
「打つべきボールだけ打つ」先週の反省が迷いを生み、「打てるボールでも打たない」・・・これが相手に攻められる要因になり、その状態から無理なショットを打たざるを得なくなる・・・そう結果的に「打てるボールは打たない、打てないボールを打つ」ということをやってしまいました。

この感覚、昨年春に絶不調に陥った時とすごく似てます。

ここに至っては、見栄もプライドも捨てるしかありません。とにかく相手のコートに返す一方、バックのスライスでアプローチに出るいつものパターンを多用することにします。
相手も当初の勢いが弱まり、5-5まで盛り返します。

なのに、なのにそこから2ゲーム連取されてファーストダウン・・・

このころになると、他の試合はすべて終了してますので、ギャラリーも増えてきます。
「チームの勝ちが決まっているんで、遊んでやがる」そんな皆の視線が痛いです。

セカンドに入ったところで、とにかくリズムを変えるためにサーブ&ボレーも使って、とにかく先にネットに着く展開を心がけます。また、徐々にフォアの強打も入る様になり、結局残り2セットを6-2、6-1で取りましたが・・・

1セットマッチだったら負けていた・・・

という非常に重い現実に、我ながら言葉を失います。

特にイタいのが、5-5まで追いつきながら5-7とされてしまったことです。
この手の展開はよくありますので、ここでミスっては元も子もない、という意識から守りのテニスになってしまった面はあるのですが・・・。
自分でも納得できておらず、このあたりテニスの奥深さを思い知りました。

そうそう、マイケル氏ご推薦の携帯酸素をセカンドセットで投入してみました!

効果は・・・よくわかりません。

うーん、酸素を吸っているって実感もないんですよね~。せめてにおいとかついてれば分かりやすいんですが・・・
ただ、結果として今回も5セットやりましたが、足は攣りませんでした。

あと、ファーストサーブでグリップを厚くしてフラット気味にしたら確率あがった、なんてのは、今後のよいヒントになると思います。

そうそう、打つときに声を出すと結構いいかもしれません。
「えぁ!」とか「うんあぁ!」とか(笑)
リズムを取ることに集中できるのか、打つときの迷いが軽減される感じがします。
昔、「よいしょ!」「こらしょ!」「どっこいしょ!」という気合を打つ度に入れていた学生時代の先輩を思い出します。
彼が〆の「どっこいしょ!」の言葉と共に繰り出したショットが、見事に相手に打ち抜かれたを見て、大いに涙したものです。

隣のコートで、当社の別のチームが実業団3部でリーグ戦をやっていたのですが、その試合のレベルはやはり少し違っておりました。「ただつなぐ」ことの重要性がすごくわかります。
自分、体力があまりないこともあって「つなぎ合い」=「自分のペースではない」と考えてしまいます。そこで、ついつい無理攻めをしてしまい、自滅するパターンが多いのですが、よくよく考えてみると、全てのプレーヤーがシコラーであることは当然なく。相手もつながれると嫌になることが多いと思います。もちろん、最初から最後までシコラーに徹するというわけではなく、序盤あるいはペースを変えたいときには有効ということで、今後の参考にしたいと思います。

来週は実業団の第三戦です。U市の大会とかぶります・・・
今年からU市の大会って、初日は一回戦のみになるんですよね・・・。
自分、幸い(?)基本的に上位進出することは稀ですので、今までは実業団を一回休むだけですんだのですが、今回は2週連続で休む可能性も出てくることになります。

このあたりはハムレットのごとく煩悶することになりそうです。
どうせなら、もう少し色っぽいテーマで煩悶したいですな(笑)

|

« 人事と書いて「ヒトゴト」と読む | トップページ | 職業選択の自由と仲間意識と格差社会 »

コメント

試合お疲れ様でした。酸素を吸っても実感がないなら、ヘリウムガスを吸ってみては?「よいしょー!」とかって甲高い声で笑いが取れますよ。ゲームが取れるかどうかはわかりませんが。

投稿: ジンジャー | 2007年4月10日 (火) 09時48分

下僕さん

ジンジャーさんのコメがおもしろ過ぎて、何を書こうとしたか忘れてしまいました。

それにしても、テニスは見た目じゃないのか?
(カッコ悪くても試合巧者って時々出会いますよね)
考えさせられました。
とにかく下僕さんが勝ってくれて良かったです。

ハムレット的悶絶(あっニュアンスがちょっと違う?)結果報告楽しみにしています!!

投稿: MAM | 2007年4月10日 (火) 19時00分

ジンジャー様
やられました。
相変わらず見事なカウンターです(笑)
実は、携帯酸素を吸っている時に後輩諸君からも指摘されました。
「下僕さん!何ヘリウムガス吸ってんですか!笑いとってる場合じゃないでしょう!」
って、んなワケねぇだろうがぁ~!
今度、ドシリアスな公式戦でやってみましょうか(笑)

MAM様
いやぁ~ホントにテニスはビジュアルではありませんね。華麗なテニスの若いオールラウンダーが、スライスしか打てないおっさんに負けてしまう世界です。ちなみにどちらも私のことではありません(笑)
団体戦は、自分が出なくても勝てる可能性が高いんであれば出なくてもOKなんですがね~。ただ、万が一負けたときの反発が怖いです。市民大会もシングルは久しぶりですので出たいんですよね~。

投稿: 下僕 | 2007年4月11日 (水) 00時51分

効果がわからない?
それでOKなのです…
痙攣隊としては、悪い結果(痙攣)が出なければOKなのです。一つ言えるのは酸素を吸うと集中力の持続が出来る事です。辛くてゼーゼーしてベンチに戻ってきた時に効果がわかると思います。

それよりもヘリウムガスで笑いを取る方が強いかもしれませんね(笑)

ビジュアルチェック…その昔よくジンジャー氏と試合会場で行っていましたが、ことごとく予想を裏切る人物がいますね。E区のO選手など代表的な人物だと思います。

投稿: マイケルチャンス | 2007年4月11日 (水) 01時22分

マイケル様
確かに仰るとおり、リスクヘッジとはそういうものですよね。
O選手、あのビジュアルであの強さは反則というものでしょう(笑)

投稿: 下僕 | 2007年4月12日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人事と書いて「ヒトゴト」と読む | トップページ | 職業選択の自由と仲間意識と格差社会 »