« メタボへの道 | トップページ | チームZAMST! E区予選編 »

2007年5月14日 (月)

戦いとは、常に二手三手先を考えてするものなのだよ

本日は草トーに参戦です。

少しだけ設備が乏しいのと砂が多すぎるオムニコートが玉に瑕ですが、3500円で4試合は必ず出来るというコストパフォーマンス満点の、某所にて行われるトーナメントです。

真の漢を目指すものに立ち止まることは許されません、ということで難なく予選突破で、1位トーナメントに進出を決めますが・・・どうも様子がおかしい。
このトーナメント、それほどメジャーではありませんが、上記特典があるため県でも有名なテニスバカの1人や2人は必ずいるのですが、今日はそれらしきツワモノが見当たりません。それに人数も少なめだし・・・ひょっとして今日はオープンではなく、初中級限定だったりするのか・・・そんな疑念まで頭をよぎりますが、よくよく考えてみると本日は白子でPTRのマスターズが行われているので、ツワモノさん達はそちらへ巡礼に出かけていることに気付きます。

ちゃーんす。(あみだばばぁ風に)

自分、自慢じゃありませんが、シングルでオープンの草トーに優勝したことはありません。鬼のいぬ間になんとやら・・・今日はその最初で最後のチャンスにちがいありません!

えっ、せこいって?
何とでも言うがいいさ。こうでもしないと勝てないんだから・・・
千里の道も一歩から、ローマは1日にしてならず、真の漢への道もこの勝利から始まるのです!

SFの相手は、取り立てて特徴のない人です。バックは両手打ちですが、苦手なグリグリスピン系ではなさそうです。フォアは面をあわせてくるフラット系ですが、これも強打はなさそう。サーブもボレーもまぁ普通。足もそれ程速くなさそう。
よろしい、まずはこいつから血祭りにあげることしましょう。礼儀正しい人で、少し悪い気もしますが、今日ここで私と合ってしまった生まれの不幸を呪って頂くしかありません。

試合開始です。

まずは下僕サービスから始まります。コーナーにいいファーストが入り、相手のリターンが浅くなります。こちらはそれを待って、我ながら惚れ惚れする様なスライスのアプローチを相手のバックに送ってネットに詰めます。唯一の自分の一番得意な得点パターンです。あとは相手が苦しまぎれに打ってくるパスかロブを決めるだけ・・・そんなことを考えていると、矢の様なバックのストレートパスが・・・。
間違いは誰にでもあります。どんな試合でも全てのポイントを取れるわけではありませんし、第一相手のまぐれ当りに動揺する様では、真の漢を目指す者の名折れと言わねばなりません。悠々と次のポイントに向かいます。
これも、コーナーにスピンサーブが入り、相手をコートから追い出すことに成功します。再びリターンが浅くなりますので、スライスでアプローチを放って前へ。センターに戻ろうとする相手の逆をつく、相手がパスをミスる姿が透けて見える様な完璧なアプローチです。これも悠々と、まぁ、一応ネットには出てやるか位の気持ちで前に出て行くと、今度はショートアングルに全く動けないパスが・・・いきなり0-30となり、結局第一ゲームを落とします。

確かに、腐ってもSFまで来るだけあって、バックは上手い様です。ドンマイ俺♪次は相手のフォアを攻めてみましょう。なにせフラット・スライス系しか打てない様ですから、低いアプローチを打てば簡単にパスは打てないはず。
案の上、最初の2ポイントを取り0-30とします。すると、ここで相手が中ロブを打ち始めます。それも、コート真ん中に落ちるスピードを殺した奴を。これは嫌な展開です。こういうボールは強打するのが案外難しいし、角度もつけづらい。ライジングでとっても、相手の球が遅いためそれ程速い球が返らないし、球が遅い分相手はすでにセンターに戻っているので、相手を走らせることにもならない・・・。30-30とされ、その後長いデュースを繰返した挙句、このゲームも落として0-2とされます。

ここに至って悟りました・・・この人、すごく強い!!

バックはコンパクトなスイングから、ストレートからアングルまで自由自在。一見弱そうなフォアも、面だけの切り替えしでストレートとクロスに打ち分け可能。中ロブも、ある程度スピードのあるボールに強いこちらのテニスの特徴を把握した上での戦術でしょう。そして特筆すべきはそのミスの少なさ。イージーミスが全くありません。

数分前の余裕は完全に吹っ飛びました。それからは何とか相手のテニスを崩そうとドロップショットを打ったり、サーブ&ボレーをしますが、相手は全く崩れません。そしてあの中ロブのいやらしいこと(笑)
無理をして打ってミスらされ、コースを甘くして入れに行くと、カウンターで仕留められ、こちらも中ロブで返すと延々とロブの打ち合いが続くのですが、そのうちこちらのボールが浅くなり、そこをバックで強打されてエースを取られ・・・相手がぬり壁に思えてきます

結局、ぬり壁氏に1-6で敗れました。完敗です・・・手も足もでないとはこのことか、というほどの完敗でした(泣)

ちなみにこの方、マチコ女史と地元が同じとのことなので彼女に聞いてみると、レベルが高いことで有名なM市でも上位シード、県大会の年齢別では優勝経験もあるというツワモノであることが判明しました。結局、この日はこの方が優勝なさいまして、決勝のスコアは6-0・・・こんな相手にSFで当たってしまった自らの生まれの不幸を呪うしかありません。

最後にこの日の反省です。

・セカンドサーブ
目標はダブルフォルト撲滅!実際には4試合で5回くらいあったでしょうか(笑)
もっともそのうち3回はある程度攻めたセカンドサービスなので、まぁよしとしましょう。残りの2回は・・・負けた試合で出ました。しかもそのうちの1本はゲームポイント・・・。他の面でもそうなのですが、負けている試合ではプレッシャーがかかるためか、ショットの確率が落ちるようです。サーブなんて、相手が誰でも基本的には変わらないはずなんですが、自分の場合ファーストの確率は悪いし、ダブルフォルトの回数も多くなります。まだまだ特訓が必要な様です。

・フォアハンド
最近、調子悪いです。
最後の3決では、負けてもともとで思い切り打っていたら、少し感覚が戻りました。
最近読んだ本の影響で、身体の回転、それも膝・腰・腹・胸という様に下から上に回転していくイメージを練習していたのですが、上手く面が合いません。
①打点は身体の前
②前腕の内側でボールを押す
③身体の回転より、ボールを押すことをイメージする
基本に戻って、このあたりを意識してみたら、少しよくなりました。

・チャンスボールのミス
負けた試合では大事なポイントでスマッシュミスが2本出ました。結局テニスは積み重ねのスポーツ。ダブルフォルトの様なイージーミスや、チャンスボールを確実に決めれる人が強いのでしょう。

そうそう、本日はタコ君さんが、見事にY市で優勝なさいました!
同じ「鬼のいぬ間に」なんですが、かたや市民大会優勝。こちらは・・・
当面、草トー優勝には縁がなさそうです。
最後のチャンスがぁぁ・・・

|

« メタボへの道 | トップページ | チームZAMST! E区予選編 »

コメント

下僕さん、また僕らの溜飲を下げられませんでしたね。読み進める道中の高揚感を返して下さい。

「うわぁ下僕さん優勝したんだ〜!凄いなぁ〜!カッコよく勝ち切ったんだろうなぁ!今回はサーブ&ボレーがキレキレだったのかなぁ?漢フォアで相手を弾き飛ばしたのかなぁ?」

.......信じてたんですよ、今回も。

ノリノリの下僕さんを撃破したぬり壁氏はきっと凄い人なのでしょう。でも下僕さんなら、下僕さんなら、いやなにも言いますまい。

きっと今度こそ。

投稿: 丁稚 | 2007年5月14日 (月) 18時19分

下僕さん、おばんでやんす。

もしや下僕さんが参戦したのは○ック○ウンテンの草トーでしょうか?自分はこの春、初めてここの草トーに出たのですが確かにエントリーフィーと賞金のコストパフォーマンスの良さからか何処かの仲良しコーチ軍団が参戦してまして自分、久しぶりにリーグで全敗ぶっこきましてやっぱり真のつわものは1球の質が違うなぁ~と感心&反省した所だったんすよね。

それと自分もタコ君さんと対決すべく某Y市の大会に参戦してきました。結果はB4決めの時に両ふくらはぎが痙攣してしまい憧れのタコさんと対戦する直前で涙を呑んでしまいました(ToT)。それでも伊達に下僕さんブログ読者ではないので下僕さん推奨のカウンター作戦を準決勝で慣行したのですがどうにも微妙にボールがアウトしてしまうんすよね。正に足が馬鹿になってるからでしょうがそういう状態でもなんとかしてしまうタコさんや下僕さんを改めて尊敬してしまうわたくしでありました・・・・。

はぁ~~、強くなりてぇ~~~(ToT)/

いつか、下僕さんと良い勝負が出来るようにまた修行してきやす。そしてこれからも下僕さんの面白いブログを楽しみにしてます。
しかし、ジンジャーさんの突っ込みはロディックのファーストサーブ級の鋭さですな~(^。^)

投稿: nack23 | 2007年5月14日 (月) 20時33分

> 相手がパスをミスる姿が透けて見える様な

ここで「むしろアンタの背中が煤けてるぜ」と哭きの竜ふうのセリフがアタマに浮かんだことは、まあ置いといてですね。

昔読んだマンガで、伝説のギャンブラーが「真の強者とは、勝っても『強い』という印象を残さぬものだ」という内容のことを言ってました。負ける方は知らぬ間にやられている。まさに「お前はもう死んでいる」といったところでしょうか。

なんか私、マンガでしか人生学んでないっぽい。

投稿: ジンジャー | 2007年5月14日 (月) 21時27分

久しぶりに登場です!
対戦した相手はもしかしたら・・・
バックハンドのテイクバックが無いような打ち方の・・・
想像が当たっているとすると4年位前にマチコ選手と試合に行った時にたまたま観ていて「この人ありえない!」っと衝撃を受けたU選手ではないでしょうか?
その試合観たかったな・・・
ガットも切れたままグリップの握り方も忘れそうなマイケルチャンスでした。

投稿: マイケルチャンス | 2007年5月14日 (月) 23時21分

丁稚様
ご期待に沿えず、大変申し訳ありません。相手が強すぎたんです(笑)
また修行の日々です・・・そして、いつか、ある美しい朝に・・・ですな。

nack23様
そうなんです。和訳すると「大きい山」となるところです。値段も安いし、強い人と試合が出来るので、私は年に2-3回出ています。いつかお会いできると良いですね~。
Y市、お疲れ様でした。ベスト4まで行かれました?凄いっすね!
カウンター、ご指摘の通りフットワークの微調整が効かない中では、博打に近いものがあります。ただ、痙攣するとそれくらいしか出来ないんですよね(笑)
いつか対戦しましょう!

ジンジャー様
ははは。元ネタは同じですな。
確かに強そうには見えない相手でしたが、いわゆる100回やって100回負けるくらい、実力の差がある人でした。
強いて弱点を探すと・・・ネットプレーが得意でなさそうな感がありましたので、ドロップをもっと打ってみると良かったのかも知れません。が、私は善人なので、ドロップは苦手なんです。性格の悪さがにじみ出る、見事なドロップを打てる人が羨ましいですよ。ホント(笑)

マイケル様
そう、そのU氏です。
あのバックハンドには衝撃を受けました。何であの構えからあんな良いショットが打てるのか、ホント不思議でした(笑)
プレーの引き出しの数が少ないのが敗因です。まだまだ精進が足りなかったということで。

投稿: 下僕 | 2007年5月15日 (火) 00時17分

下僕さん 試合お疲れ様でしたぁ~
今日も面白かった!貴方の文才に脱毛^h^h脱帽です☆

負け試合の中に学ぶものあり!この積み重ねですな。
私は幸運にも勝てましたが、ご存知の通りボロボロの状態は脱していなくて、下僕スライスでバックを攻められたら「ごっつぁんボレー」献上でございます(^^;)。お互いにレベルアップを目指して苛め合いましょう!?(笑)

投稿: タコ君 | 2007年5月15日 (火) 12時26分

ジンジャー様

お好きな食べ物は、イカ墨とか海苔とか黒っぽいモノでしょうか?
下僕さんは、弱者の立場であがいておられるのに・・・
最近黒い大きなカラスが飛んでいると、ジンジャーさんに見えてきました・・・

なんてのは冗談です。

ジンジャーさんと下僕さんで漫才界にデビューしてはどうでしょうか?
ジンジャーさんのスパイス無しには生きていけなくなりそうな私です。

下僕さん
わかりました。
やっぱり王国杯で全ての運を使い果たしたのではないでしょうか?
1年1勝って考えはどうでしょうか?

投稿: MAM | 2007年5月15日 (火) 13時16分

タコ君様
いきなりの自爆ネタ、ありがとうございます(笑)
あそこまでカウンターに徹底する人は初めてでした。勉強になりましたです!
また練習して下さい!

MAM様
ジンジャーさんは、肌も腹も真っ黒です(笑)
1年1勝、私の持っている実力&運ではやはりそれが限界なんでしょうね。また修行しなおして参ります。

投稿: 下僕 | 2007年5月15日 (火) 23時26分

下僕さんならSFの相手の攻略方法を見つけ出すと期待していたんですがね~。
U氏にM市の市民大会でお会いしたら、逆に下僕さんの攻略方法を聞いてみます。
あっ、でも聞いても教えませんよ(笑)


投稿: マチコ | 2007年5月16日 (水) 23時07分

下僕の攻略法・・・特別にお教えしましょう。
ここだけの話、彼はバックハンドが大の苦手ですので、まずはバックにボールを集めることです。それから、実はボレーとスマッシュが下手なので、ドロップで前に出させてロブを上げると、大抵のポイントは取れます。間違ってもフォアに打っては行けませんし、堅実なのでシコり合いを挑んでもいけません。
そんなことでしょうか・・・誰にも言っちゃダメですよ!

投稿: 下僕 | 2007年5月17日 (木) 01時15分

下僕さんと私でコンビですか。お笑いコンビはアレですが、ダブルスは一度組んでいただきたいですね。サイドですか?もちろん下僕さんが自虐サイドで、私が加虐サイドです。

投稿: ジンジャー | 2007年5月17日 (木) 02時40分

ジンジャー様
朝から吹き出しちゃいましたよ。
コメント界のフェデラーとでもお呼びしなくちゃ・・・

下僕さん
約150cmありました。
タイトルから、ココまで、、、

投稿: MAM | 2007年5月17日 (木) 06時25分

ジンジャー様
そう来たか・・・
自分、褒められて伸びるタイプなんで、相性がイマイチっぽいっすね(笑)
まぁ、今度試しに組んで見ましょう。ブログのネタに詰まったら・・・

MAM様
コメントを頂いた皆さんに感謝あるのみです。
ブログを始めた頃は、コメントを頂けるトピは10回に1回あったかどうか・・・今は皆様の声が聞けるのが、嬉しくてたまりません(除ジンジャー氏)

投稿: 下僕 | 2007年5月17日 (木) 23時35分

下僕さん

ここだけの話です。
こっそり見てください。

実は近々、特別黒い・加虐的カラスが飛んでるところを見られる場所があるらしい・・・

あくまでも、らしい・・・ですが。

そんなベストポイント紹介のパンフレットを拾った人がいて・・・

ちょっとワクワク?しています。

投稿: MAM | 2007年5月19日 (土) 05時06分

カラスは捕獲できましたか?(笑)

あっ!すいません。
下僕さんへのコメントではありませんでした(((((^^;

投稿: タコ君 | 2007年5月20日 (日) 21時31分

下僕さん

ひょっとして、風邪ひいて(くしゃみのし過ぎで)寝込んでいますか?
今日はみんなで下僕さんのお名前を何度口にしたことか・・・

カラスが、、、
すごかったです。
ブログを意識してか?ネタ満載のプレイで、、、
膀胱炎になりかけました。

150㎝超えたので今日はやめておきます。
アントニオで、報告しようかな?
(タコさんに相談してみようっと)

投稿: MAM | 2007年5月20日 (日) 22時54分

タコ君様 MAM様

うーん、何やら有明でイベントがあったらしいですね(笑)
黒いカラスさんの印象は如何でした?
気に入って頂けたら自分のことの様に嬉しいんですけどね(爆)

投稿: 下僕 | 2007年5月22日 (火) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メタボへの道 | トップページ | チームZAMST! E区予選編 »