« カイロ体験記! | トップページ | 実業団第二戦 ミラーナイトとの戦い・・・ »

2007年9月17日 (月)

実業団、哀愁の秋・・・

今週末も暑かったですね~。

今日から実業団の秋の大会が始まります。我がチームは昨年秋から5部でプレーしてますが、中々4部への昇格には手が届かず最近は少し沈滞ムード。このあたりは自分の運気を象徴しているようです(^_^;)

当チームは、私以外のメンバーは全員26-27歳という若手中心なのですが、経常的にテニスをやっている者がいない関係で、前回から齢36の下僕が単複同時出場の大任を仰せつかっております(^_^;)
春の大会は4戦して2勝2敗ですが・・・その2敗はともに1勝差で、2試合とも下僕がシングル1で出場し、その試合に勝敗がかかり、痙攣の末ファイナルセットで撃沈という無残な結末を迎えました。
そんなこともあり、下僕にとって実業団とは、ユダヤ人にとってのバビロンの捕囚、ローマ人にとってトイトブルク森の戦い、ロシア人にとってタタールのくびきと同様の響きを備えており、何が何でも春の汚名を返上せねばなりません。

で、本日は初戦ですが、メンバーの関係で下僕は単複出場が決まっております。殺人的な日光の下での6セットは自殺行為に等しいのですが、幸い事前のリサーチ(天気予報)では「曇り」・・・蓋を開けてみれば、自分の運命をあざ笑うかのごとく、ここ最近で一番の快晴。先が思いやられます。

最初はダブルスから入りますが、これは相手の強打を上手くかわすことができ、6-3、6-1で楽に勝てました。喜んだのもつかの間、もう一つのダブルスを落とし、ダブルスは1勝1敗でシングルスに入ります。

シングル3はK君。かれは去年まではシングル1で出ていたこともあり、その強烈なフォアとビッグサーブで大抵の相手はねじ伏せてしまいます。春のシーズンでは体調を崩したためあまり出場できなかったのですが、今回はやってくれるでしょう。相手は明らかに彼より弱そうだし・・・

試合が始まります!
K君のフォア、最悪時の漢フォア並みに吹っ飛んでいます(涙)。

あるラリーでは相手のアプローチに対してフォアを強打・・・するもボールは手前1mにバウンド・・・ネット下段、いやネットにすら届かないフォアは自分も数多く経験してますが、さすがに手前のサービスラインにすら届かないショットは初めて見ました(号泣)
このショットが全てを象徴しており・・・1-6、4-6で彼はあっさり負けました。我が方も驚きましたが、相手チームの方はもっと驚いており、どうやら相手側はシングル3は捨てオーダーだったらしいです(慟哭)

これで1勝2敗、もう後がありません。まずは当方のエースであるT君がシングル2で、続いて下僕がシングル1でコートに入ります・・・ってこの風景どこかで見た事あるなと思ったら、忘れもしない春の大会の最終戦と全く同じ流れ。今回も血も凍る惨劇が予想できそうです(笑)

前回は痙攣の末に敗北しましたが、仮にも真の漢を目指す者が何度も同じパターンで負けてはなりませんし、祈る様な目つきで応援してくれている若手諸君に、漢が何たるかを身をもって示さねばなりません。
幸い、従来の経験から考えうる対策は講じております。
・携帯酸素
・芍薬天草湯
・アミノバイタル
・クエン酸
・パスタノーゲン
・梅干
・バナナ
これらを口の放り込んで、試合に挑みます。そう、周到な準備なしに達成された偉業など存在しないのです。

相手はダブルス1で、我が方のペアを吹っ飛ばしたペアの片割れで、フォアの豪打とビッグサーブが印象的な中々の強敵です・・・が、なにやら動きがおかしい。どうも緊張あるいは疲労のためか、時折フォアのナイスショットは出てくるものの、足があまり動いてません。
それを見て、
・基本は相手のバックにボールを集める
・一方で、ボールを散らし、相手にしっかり構えて打たせない
・出来れば相手をフォア側に走らせ、その返球をバック側に流してネットを取る
以上3策を基本戦術とします。
決めた以上はそれをやりぬくのみ。ひたすらボールに集中し、雑念を払うことに専念します。この普段は見せない集中力が奏功してか、1stセットは6-2で取り、2ndセットも2-1アップとなります・・・数々のグッズのお陰か、まだ痙攣の気配はなく、一方で相手は肩で息をし始めており、このペースで行けば何とか勝てそうです。

来た!
遂に来ました!下僕が苦戦にあえぐ味方の運命を背負い、ヒーローとなる時が・・・
思えば人生36年、華々しい舞台では必ず貧乏神を背負ってきましたが、これも今日限りです。
真の漢としての覇業は、今月今夜実際は昼間ですが・・・のこの試合から始まるのです!

そんなことを思いながら2-1アップでチェンジコートのためベンチに戻ると、シングル2で私より30分ほど前に試合に入ったT君が、何故か風呂上りよろしくタオルを肩から掛けて座っています。

下僕「あれ、もう終わったの?さすがだね!」
T君「いやぁ~負けちゃいましたよ♪いいラリー出来たんですけどねぇ。ちょっと練習不足でしたね!」
下僕「・・・」
T君「というわけで下僕さん、消化試合になっちゃいますけど、応援してますから頑張って下さい!」
下僕「・・・」

すっかり忘れてました・・・私の勝つか負けるか以前の問題として、T君が負けた時点で団体戦の勝敗は決まってしまうんですね・・・。
それにしてもこのT君、前回は負けてほしいところを勝ちやがるし、今回は下僕の一世一代の舞台がまさに始まる、そんなところで負けやがるし、おまけに爽やかに笑ってやがるし・・・本人は意図していないのでしょうが、確実に自分にとって疫病神。できることなら呪い殺してやりたいお前はジンジャー氏か!?

自分の心の中で、何かが音を立てて崩れていきます・・・
そこからは集中力もまったくなくなり、相手のフォアの強打が入りはじめたこともあって、相手がリードし始めます。こちらはどういう展開だったかも覚えていないくらいひどいテニスになってしまい・・・それでもやけっぱちのフラットサーブがたまたま入ったりする幸運もあり、スコアは4-4。ここに至って

「このセットを落としたらこのクソ暑い中、消化試合をさらにもう1セットやる羽目になる」

という別のインセンティブが発生して目が覚めます(笑)
相手サービスをブレークして5-4、続く自分のサービスを0-40から6本連取してゲームセット・・・結果として自分が出た試合は勝ったものの、後が続かずチームとしては2勝3敗で初戦から敗退するという、達成感が非常に稀薄な結末と相成りました。

日中の一番暑い時間帯でやったため、もの凄い疲労感だけが残ってます。
もう、酒飲んで寝ようっと。

|

« カイロ体験記! | トップページ | 実業団第二戦 ミラーナイトとの戦い・・・ »

コメント

下僕さん

お・お・お疲れ様でした・・・

そこに結末がありましたか、、、

春の試合のノリ?で読んでいたので、
まさかジンジャー氏(のような人)に運命を操られるとは予想もしませんでした。

投稿: MAM | 2007年9月17日 (月) 06時37分

暑い中お疲れ様でした。タフですねぇ
痙攣予防グッズは準備万端ですね!見習おう(笑)

投稿: タコ君 | 2007年9月17日 (月) 10時15分

T君へ
惜しかったねェ~ドンマイ♪

投稿: ジンジャー | 2007年9月17日 (月) 21時03分

MAM様
私自身、完全に予想外の結果でした(泣)
仕方ないと言えば仕方ないのですが、つくづく自分の間の悪さが嫌になりました(笑)

タコ君様
風があったのが救いでした。ただ、シングルがダブルスのどちらかがファイナルまでいっていたら最後までもたなかったと思います。
せめてもう少し涼しくなってくれれば、と思うのですが・・・

ジンジャー様
特になし(笑)

投稿: 下僕 | 2007年9月17日 (月) 23時34分

いつもながら面白いですね下僕レポート!感心します。私も某ラケットクラブで実業団参加してましたから、大きくうなずきながら読ませてもらいました。
5部ってそれまでのリーグとちょっと違うんですよね「テニスに掛けてます度」が・・・私達も初めて残留したのが5部だったような気がします。元関東学生なんかザラだし、4部以上には元インカレなんかもチョコチョコ・・・でも私は大好きだったんです実業団。確かに単・複で6セットはキツいけど、区民大会で待たされながら3試合もやれば、SF始める時はヨレヨレなんですよね。その点実業団はレベルの高い相手とフレッシュな状態で対戦できるから自然と集中できるんですよ!
きっと良い経験が出来るはずです、頑張ってください!

投稿: メタボ浜 | 2007年9月18日 (火) 12時43分

メタボ浜様

>5部ってそれまでのリーグとちょっと違うんですよね「テニスに掛けてます度」が・・・

そうなんです!
ビジュアルが大したことないのに、もの凄い粘りを見せるおじさんとかがいて・・・全くあなどれません(^_^;)

ご指摘の様に、1セットの区民大会とは違った楽しみがあって、私も実業団が好きです。
そこで得た体験を区民大会でも活かせる様に頑張ります!

投稿: 下僕 | 2007年9月18日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カイロ体験記! | トップページ | 実業団第二戦 ミラーナイトとの戦い・・・ »