2007年12月 2日 (日)

本当の実力

大変ご無沙汰しておりました(^_^;)

いや、特に忙しいということでも無かったのですが、どういうわけかさっぱりPCに向かう気になれず・・・完全放置でございます。そろそろこちらも引退か?

今年も早いもので12月、すっかり世はクリスマスですね。下僕的にはこの手の幸せそうなイベントが大嫌いですので特段の感慨も湧かないのですが、年末に近づくにつれ「仕事しなくても許されるモード」が強まってくる12月は何故か心が浮き浮きします。

そんな中、昨日は久しぶりのゴルフです。
旧人類たる私、サラリーマンたるものゴルフと麻雀はやるべし、との格言から一応ゴルフはやるのですが、テニスに身を入れ始めてからはろくに練習もしてません。もっともスコア110から120の間をうろちょろ、という完全な「レンジ相場」で、練習してもしなくても結果があまり変わらない、ゴルフというのは実に不思議なスポーツです。

と思っていたら、
なんと昨日は47・47の94!
周囲からは驚きの声が上がりましたが、私としては「今日は練習場と同じショットが本番でも打ててるな~」程度の認識でした。

ゴルフは全てのスポーツの中でも、最もメンタル面が重要なスポーツと感じます。その特徴の一つは「全てのショットを自分から打たねばならないこと」。
どこかで聞いた話ですが、あるゴルフのプロがテニスを評して
「テニスなんて楽なもんだよ。向こうからボールが来てくれるんだから。」
そうなんです。たとえどんな場面でも、ゴルフに「相手のミス待ち」は無いんですな。

練習での自分と、試合での自分のどちらが本当の実力と言えるんでしょうか。
テニスではここ一番で滅法弱い下僕、試合での実力が本当の実力と信じており・・・それが故に練習でいくら上手くいっても、試合では構えすぎてしまって自らハードルを上げてしまっていた様な気がします。
「試合は今までとはまったく違う環境なのだから、普段上手くできていることでも出来なくなる」なんてことを信じて疑わず、それが故に練習と同じプレーをすることを自ら妨げていた、なんて今更ながら思います。

本当の実力・・・当然試合での強さ、何でしょうが、単純に「練習と同じプレーを試合でやる」ことなのかも知れません。

| | コメント (6)

2007年9月14日 (金)

カイロ体験記!

最近どうにも首が痛むので、ふと思い立って会社近くのカイロ・プラクティクに行って来ました!

このカイロなるもの、下僕的には初体験ですが、あの「ボキボキィ!」には昔から興味がありました。よく「正式な医療じゃないので行かないほうが良い」なんて聞きますし、風俗店でも入ってそうな雑居ビルにあるし、応対の男の人が妙に女性っぽいし・・・後ろ向きの材料には事欠きませんが、何事も食わずぎらいはよくない、ということで勇を鼓しての参戦でございます。

先ず最初にポケットに入っているものとかを小箱に入れるのですが、一瞬の逡巡を経て、例のオモリを外しました。案の上「へぇ、それ何ですか?うゎ、重いなぁ!」とわざとらしいくらいのリアクションが・・・はい。そうです。お恥ずかしい限りです。

最初に骨格のチェックから入り・・・
どうも左側の骨盤の位置がずれていて、左足が右足に比べてほんの少し短いとのこと。うーん、確かに右足の中敷だげヘタリが早い。
次に背骨のチェックで・・・
「お客さん、スポーツやってます?」
「えぇ、テニスを少々」
「うーん、これは遊びとか趣味を超えてますね~」
鋭いなコイツ。何でも背筋の付き方が普通の人とは違うらしい。左右のずれは大丈夫だが、下の方の湾曲が少し足りないとのこと。
肩のチェックに行きます・・・
「何たる柔らかき筋肉だ!」などと言われますが、身体が固いことでは定評ある下僕にこれはないでしょう。ここでは肩甲骨の位置がおかしいとの指摘。どうも普通の人より角度が内向きになっているらしく、
「これだと、サーブとか投げたりするパフォーマンスが悪いんじゃないんですか」
イタいとこつくなコイツ。下僕サーブが遅く、なおかつ確率が低いのはこのせいらしい・・・

「それでは、ちょっとストレッチしましょうか」と下僕的には到底ストレッチとは思えない動きをさせられます・・・これが痛い!関節じゃないところを無理やり曲げようとしている様で・・・「はい、光背筋のストレッチでした!」って本当か?

最期に首です。「うん?ほうほう!うーん、そうかぁ・・・こうなってるんだぁ。そうですよねぇ~」と、先生、限りなく患者を不安にさせる独り言・・・どうやら首は少し第二頚椎が右側にずれているそうです。
「少し、矯正してみましょうか」来た!ついにボキボキィっすね♪
「はい、力抜いて~。あれ、どうしたのかなぁ?少し固いぞぉ~?・・・噴っ!!」先生、独特のトークから一転、首をねじります!「メキ」と「ボキ」を一緒にした様な音が発生!
うーん、何故かすごい達成感・・・やばい、これは病み付きになるかも(笑)

まぁ、ざっとこんな感じでした。あの先生の芝居がかった語り口には若干閉口しましたが、非常に丁寧で、好感が持てました。整形外科では、痛いところをマッサージすることはあまりしないのですが、カイロは結構グリグリやってくれるので、心なしか効果がありそうです。特に最期の「ボキボキィ!」は最高!
やはり、この手の治療は少しくらい痛いくらいでないと満足できません。自分、Mなんだろうか・・・

唯一の難点は料金でしょうか。今日は初回お試し企画で1500円(20分)だったのですが、通常は4200円(30分)とのこと。テニスのレッスンより高いのか・・・。まぁ、しばらく月に1~2回のペースで通ってみることに致しましょう。

| | コメント (4)

2007年8月13日 (月)

あ~夏休み!

世間の皆様は夏休みみたいですね~。
下僕も今日から水曜日まで休みでございます。

さて、折角の夏休みです。ここは是非有効に活用したいところですが・・・することがありません!

なにせこの季節、トンの仕事が忙しいので2人で旅行という選択肢はありえません。「しょせん男は1人で生きる」で一人旅を試みても良いのですが、この時期はどこもあふれんばかりの人ごみ・・・
都心部は空いているんでしょうが、都会のシティホテルでゆったり休憩しながらエステでリフレッシュ・・・なんてのも、おじさんがやったらキモイだろ、おい。

しかして、昨年は会社の通信教育をしこしこやってまして・・・これがつまらないったらありゃしない。まぁ、その時期までやらなかった私が悪いんですが(^_^;)

そんなんで悩むことしばし。今年の夏休みのテーマを以下のごとく決定しましたぁ!

・ビリーズ・ブートキャンプ征服!
初回で挫折したのではMotoさんに顔向けできません。もうちょっと頑張ります。

・ゴルフで500球の打ち込み!
脱OB王!

・ストレッチ強化!
ビリーでも感じましたが、出演者の皆様に比べて身体が固すぎます・・・。キックも全然上がらないので、格好悪いし。というわけで、念入りにストレッチします!

・勉学!
実は今年も通信教育を受けてまして(笑)
タイトルは「知的スキル向上」。タイトルに惹かれましたが、地味に頭を使う作業が多く、面倒くさいことこの上なし。

いずれも夏休みにやる必然性のないものばかりですが、並べるとそれっぽく見えてくるから不思議です(笑)
というわけで初日の今日は・・・

午前中はひたすらファミレスに籠もって通信教育。途中で何度寝そうになったことか(^_^;)

午後はまず部屋の掃除!私のことを、家庭を省みずにテニスばかりしていると思っている愚か者、その浅慮を悔やむがよい。

その後、ゴルフの打ちっぱなしへ。予定では250球打つはずが、100球を超えたあたりで手の皮がむけ始め・・・予定の半分で挫折。

家に戻ってビリー!
うーん、相変わらずきつい!
床に汗で水溜りが出来そうです(笑)今回はアルコール抜きでやったので、少しはマシなはずでしたが・・・最後は殆どついていけないのは前回同様でした。

シャワーを浴びて、ビール500mlを一気飲み・・・気分はよかったですが、今日のきつかったトレーニングを帳消しにする一杯。これを我慢するかわりに、一日家で休息する方が全然充実して健康な一日を送れそうな気がするのは気のせいだろうか?

ビリーのダメージが未だ抜けず・・・今日はストレッチして寝ます。 

| | コメント (5)

2007年7月23日 (月)

The 徒労

相変わらず週末の天気が悪いですね。某女史の怨念でしょうか(笑)

土曜日は朝は雨でしたが、昼くらいには上がったので、会社のテニス部に参加しました。手首を下げたスイングを試してみましたが、後輩諸君からは

「手首ですか、相変わらず小手先のごまかしが好きですねぇ」
「スピンを掛けたかったら、きちんと下から上にスイングしないとダメじゃないですか」

などと、NGをくらいまくりました。近年の若者の年長者を敬わない態度には残念と言わざるを得ません。

ただ、「グリップをもっとナダルみたいにもっと厚くすれば良いじゃないですか。」との指摘は役に立ちました。少し試してみましたが、打点が上手くあえば高い打点からもしっかりボールを打つことが出来ます。以後はこのグリップを試してみます!やはり小手先だ・・・

日曜日は会社のゴルフです。役員以下総勢12人のコンペで、下僕は栄えある幹事として役員様の送り迎えという大任を仰せつかります。

ところが、天気は相変わらずの雨。しかもゴルフ場に近づけば近づくほど雨が強くなる・・・結局、緊急ミーティングを開催し、やりたい人は雨天決行。そうでない人はキャンセルして帰宅することと致しました。
で、件の役員様はそのままご帰宅を選択なさいまして・・・下僕、ここまで来たらやっておかないと損、という気持ちはありましたが、「では、誰が役員様を送るの?」という単純にして最重要な課題に解決策は見出せず、結局帰宅を選択です。

で、帰途に着いたのですが、お約束の様に1時間ほどで雨があがりまして(笑)
昼くらいに帰宅するも、時間をもてあまします。

こうなるとやることは一つです。厚いグリップのフォアハンドを練習したかったので、今日はパ○ン王国の練習はないため、別のサークルに参加します!”
このサークル、気のいいおじさん軍団なのですが、根性がないのが玉に瑕。本日も1面2時間で、人数も少なくないのに、アップを少しやったあと即ダブルスの試合へ・・・、球数があまり打てないばかりか、改良型漢フォアが暴発しまくったこともあり、欲求不満が強くなっただけで終わりました。

こうなったら、壁打ちしかありません!えぇ、真の漢を目指す者、環境のよしあしに文句を言うよりもも、まずは出来るところから始めなければなりません。
ということで最寄の壁打ち場所へ向かったのですが・・・どうやら、真の漢を目指している輩は思いのほか多いらしく、なんとそこには順番待ちの行列が!
自分の甘さを悔いつつ、すごすご帰宅します。

ただし、ここで引き下がるわけには行きません。一休みしてから夜になるのを待ち、今度は別の場所へ向かいます。そこの壁打ち場はきちんと金網に囲まれているのに加えて照明まであり、中々のインフラなのですが、さすがに夜に壁打ちをしている人はおりません。
「!!}
心に快哉を叫びながら意気揚々と入場しようとすると、何故か開かない。良く見ると前時代的な南京錠が施錠されており、無情にも「壁打ちは午後7時まで」との貼り紙が・・・

結局、日曜日はゴルフ場までの、役員様とツーショットで素敵なロングドライブと、地元の壁打ち場めぐりで終わりました(泣)

うーん、何とかしてフォアハンドを改善したいのですが、今週末もあまり練習ができませんでした。下僕、才能がないので球数を打たないと、フォームが身につかないんですよね。特にグリップを変えたりすると、普通のストロークは良くても、面感覚が変わるためリターンや浅いボールを引っ掛けたりするのが出来なくなったりしますので・・・うーん、このまま秋のシーズンを迎えるという最悪のシナリオが見えてきました(笑)

そうそう、本日はトンが某所にてナイターの女子ダブルスに参戦したため、そのお迎えに行ったところ、パ○ン王国のMご夫妻に遭遇!どうやらミックスの試合も開催されているようです。
ご夫妻は、持ち味を生かしたテニスで見事優勝しておられましたが・・・夫婦でミックスを組んで勝てるなんて、自分にとってはノーベル賞級の偉業です(笑)

| | コメント (15)

2007年7月12日 (木)

判断に迷う

週末に逆立ちマン様にボコられたのを哀れに思ったのか、今週は少しだけ良いことがありました。

火曜日に小生が喫煙室でタバコを吸っていると、同じ部のS君が「下僕さん、Nさんが呼んでますよ!○○会議室に行ってください」と駆け込んで来ました。
Nさんと言えば、かのN女史なのですが・・・相手が相手だけに緊張感が走ります。学生なら「ちょっと体育館裏まで来な!」、OLなら「ちょっと、給湯室まで来なさいよ!」いずれも生意気な輩を締める際の常套句です。

ついに、自分も彼女から刺される日が来た・・・虚勢を張りながらも、いざとなったら土下座できる様、心の準備をしながら会議室に入ります。

電気をつけると、N女史以外にも女性社員が10名ほどおりまして・・・ヤバい、袋叩きにされる!その前に土下座か!?と思ったところ

「下僕さん、誕生日おめでとう!」

と予想もしない声が・・・

確かに、自分でも忘れておりましたがこの7月10日が誕生日なのです。そして机の上にはケーキが鎮座している・・・。

常に冷静沈着をもって鳴る下僕ですが、この時ばかりは驚きのあまり思考が空回り。「あぁ・・・○×△※」と「ビルゲイツが事業に成功して源義経がジンギスカンになり、皆さんおめでとう」的な意味不明な言葉を口走りながらも、必死で状況を整理、結論に達します。

「こいつら、何かをたくらんでいる!」

そうです。こんなことが起こることはありません。きっとN女史が頼んでおいた仕事で取り返しのつかないミスをした・・・いや、もしかしたらあのケーキには毒が仕込んであるに違いありません・・・このケーキ、食うや食わざるや!?

このネタ・・・本当は昨日に載せたかったのですが、ココログでメンテナンスがあった関係で、本日のアップとなりました。
幸いまだ生きていますので、どうやら杞憂だったようです。いや、まだ油断はできません。世の中には遅効性の毒もありますので(笑)

そうそう、健康診断の結果、何と体脂肪率は昨年比改善していることが判明しました。血液検査の結果が出るのはまだ先ですので安心は出来ないのですが、何か嬉しかったので、ここ2日ほど家で飲んだくれております。だからそれがイカンのだよ・・・

そんなワケで、今週は今のところ良いことが続くという極めて異例の事態となっております。これが本格的な運命の転換期なのか、はたまた線香花火が燃え尽きる前の最後の輝きなのか、非常に判断が難しいところです。

まぁ、悩んでも仕方ないので、今日はもう寝ます。良い感じに酔っ払っているし(笑)

| | コメント (18)

2007年7月 5日 (木)

日々是鍛錬

実は昨年来恒常的にトレーニングを行っておりますが、来る土曜日の試合に備えてトレーニングのギアを先週から上げはじめ、今週はかなりハードなトレーニングを月火と行いました。今日は一日休養し、明日に仕上げの超ハードトレーニングを行う予定です。
もちろん、肝臓のトレーニングです。

自分の会社、毎年誕生月に健康診断を行うのですが、7月が誕生日ということもあり、次の月曜日に日程が組まれております。トレーニングの成果でかなりの数値が期待できそうです。怖いです(笑)

もちろん、テニスのトレーニングも忘れておらず、仕事中でのイメージトレーニングは欠かしておりません!できるだけ複雑そうなエクセルのファイルを開き、その前でしかめっ面を作るのがコツです。誰も話しかけてこず、集中してイメトレが出来ますので・・・えぇ、ダメリーマン、ここまで来たら怖いものはありませんとも(笑)

ウインブルドンが面白くなってきましたね。ロディックの試合久しぶりに見ましたが、あの打球音は何なんでしょう。ガットが違うのはあるのでしょうが、とても同じスポーツをしているとは思えません。

今ビーナス対シャラポワやってますね・・・2人とも打球時に大声を出すので、これまたテニスと思えない(笑)
そう言えば、月曜日の「トレーニング」中にメンバーの1人が「女子のテニスの試合と○○ビデオとの類似性」について熱く語っておりました。その絶望的なまでのオヤジ発想には相槌を打つのが精一杯でしたが、奴は誰のテニスをイメージしてたのか少し気になります。多分シャラポワなんでしょうが、もしビーナスだとしたら・・・かなりの強者ですな(笑)

我がニコライ、何気に残ってます。次バグダティスで、勝てばベスト8なんですが・・・芝だし、華やかな全英だし、あっさり1-3くらいで負けそうな気がするのは私だけでしょうか?

| | コメント (3)

2007年6月23日 (土)

運勢について

先日会社仲間と麻雀を打ちまして・・・

1人ものすごい引きを見せる奴がいて、結局奴の1人勝ちと相成りました・・・「リーチドラ7」こんな倍マン始めて見ました(笑)
人生の引きが弱い自分としては、彼の運の強さは本当に羨ましい。

運勢・・・時として人の人生を大きく狂わせるものです。
かのシェークスピアも、「おお運命よ、運命よ、みなが汝を浮気者だという」との名言を残しました。

実は、私にも黄金時代があったのです。
あれは今をさかのぼること17年前、大学受験のときでございます。ちょうどその年からセンター試験というものが導入されたのですが、世界史の試験で手も足も出ない問題が5問ありました。往々にして歴史の試験というものは「知っているか否か」で全てが決まり、いくら考えても分らないものは分らない。しばし煩悶するものの、そこは当時から真の漢を意識していた自分です。決然と鉛筆をころがし・・・はしませんでしたが、潔く全問当て勘で回答を記入いたしました。

後日、自己採点をした結果、なんとなんとその全問が的中し、世界史は満点を取るという快挙を成し遂げたのです!大体問題は5択ですので、当て勘で5問全問的中する確率は5の5乗、すなわち3125分の1・・・神が降臨した瞬間でした。

ただし、それ以降神が降りてくれることは二度と無く、今思うと、そのときが人生のピークだったのでしょう。
ちなみに下僕、結局私立に行ってしまったので、結果としてセンター試験の成績はいくら良くても関係なかったんですよね。
人生のピークすら無駄打ちかよ・・・

下僕の法則その13

「俺はついている」そう確信した瞬間から、人生は下降し始める。

| | コメント (4)

2007年6月15日 (金)

5年という歳月・・・

本日は休みを取って免許の更新です。

少しでも空いている午前中に・・・と思っていたのですが、痛恨の二度寝が入って午後からの時間に変更です。二度寝ってなんであんなに気持ち良いのだろう?

13時受付開始で13時に着いたのですが、平日だというのに結構な人だかり。結局2時間くらいかかりました。下僕、栄えあるゴールド免許なので、30分の講習でよかったのですが、それでも2時間です・・・猪瀬直樹ならずとも、役所事務の合理化を叫びたくなるというものです。そもそもあんな内容だったら最寄の警察署なんかでも簡単に出来るはずなのに、何で免許センターまで行く必要があるのだ?

新しい免許証を貰った瞬間、その写真に目が点。思いっきり太っています(泣)。

この5年間に一体何があったというのでしょうか?テニスを再開したので、運動量は増えているはずなんですが・・・やはり酒が原因かな。ならしょうがないや(笑)

今日は1日本でも読んでのんびり、の予定だったのですが、少しでもカロリーを消費すべくゴルフの打ちっ放しに行って来ました。
打ちましたとも。えぇ。200球の炎の打ち込みを敢行です!
最初の50球:ウォーミングアップ
真ん中100球:結構イケてる!こりゃ次は100切るな。
最後の50球:右に左に広角打法で制御不能に。
ゴルフは何が困るか、というと。ミスショットの理由が良く分らないのが一番困ります。練習しても上手くなる気がしない・・・

下僕、定期的に古本屋に行き、10冊程度本を仕入れております。最近たるんでるので、少し難しいビジネス書でも・・・と思ったのですが、つい開高健の「オーパ!」を手にとってしまいました。

色々なものが先延ばしにされ、それが積もり積もって腐臭を放つ・・・そんな35歳の夏です(笑)

| | コメント (5)

2007年5月28日 (月)

ゴルフと私

今日は一日寝ておりました(笑)

本当なら寸暇を惜しんで練習をしなきゃいけないんですが、如何せん首がイタい、というわけで久しぶりにのんびり過ごしました。太ること請け合いです。

下僕、ジョギングとか筋トレみたいに真面目なものは苦手でして・・・実際に自分がやるスポーツはテニスとゴルフくらいです。
今でこそテニスをメインにやっておりますが、昔は週に一回はゴルフの練習場に行った時期もあったんですよね~。

少しの夢と希望と、溢れんばかりの不安を胸に社会人となったのは、今を去ること13年前・・・。大学時代は、サークルとはいえ、テニスをすべての中心と考える人と行動をともにしていたこともあり、テニスをやろうなどとはこれっぽちも思わず・・・特に深い意味もなく始めたのがゴルフというわけです。

初めてやったときのことは良く覚えております。
学生時代の友人に連れられ、近くの練習場へ。勧められるがままに、クラブを手にしますが、その時は完全にゴルフをナメておりました。何せこちらは時速150kmくらいのサーブをリターンする身です、止まったボールを打てないわけがありません!
見よう見真似でクラブを振り上げ、渾身の力で振り下ろすと・・・そう、見事な空振りです。
この屈辱・・・となりでは老衰一歩手前のおじいさんが、軽やかにボールを飛ばしております。それなのに、それなのにこの自分ともあろうものが・・・きっと油断したからに違いありません。しっかりグリップして、ボールを見て打てば・・・「ゴツッ」という音が響き渡ります。今度は俗に言う「地球を打つ」という奴ですな。

これで、完全にキレました。先程の優越感はどこへやら。まだ痺れが残る両手に活を入れ、悪鬼の様な形相でクラブを振り回します。一方、ボールは真横に飛んだり、ゴロになったり、もちろん、空振りもマット直撃も幾度となく繰返されます。こんなことを10分ほど続けた後に、「それ」はやってきます。
今までにはない、軽い打球感とピシィッという打球音が響き、ボールが高々と舞い上がります・・・
ちゃんと真っ直ぐ飛んでるか?
スライス気味か、フック気味か?
いえ、そんなことはどうでもいいのです。あの打球感とボールが空に舞い上がっていくその瞬間には言い様のない爽快感に溢れています。
しばし恍惚として言葉を忘れる若き日の下僕。思い直して今まで以上に満面を朱に染めてクラブを振り回します。そう、今度はあの爽快感を再び味わいたいがために・・・

こんなんで、会社先輩からクラブを買い、多いときは毎週練習場に行くほどになりましたが、何分タイガーウッズの1億分の1の才能もないらしく。スコアはずっと「百獣の王」。ここ3年くらいはテニスメインで練習もしなくなり、年に1回くらい義理でコースに出る程度ですが、それでもスコアはあまり変わらず・・・
「男子たるもの飛ばすことを優先順位の第一とすべし」の下僕には、ゴルフというスポーツ、スコアをよくしようとすると途端につまらなくなる、非常にストレスフルなスポーツです。メンタル的にもきついし・・・当面はテニスを頑張りたいとは思いますが、ゴルフの面白さは否定する気になりません。

世界卓球を見てます。反射神経の化け物みたいな人達ばかりです(笑)
卓球、これもすごいスポーツですな・・・このあたりはジンジャー氏にでも今度語ってもらいましょう。

| | コメント (12)

2007年5月27日 (日)

買わなきゃ見れない夢もある・・・

本日はゴルフに行って参りました!

ゴルフというスポーツ、基本的にドタキャンはできないので、多少首が痛くても無理せざるをえないんですよね・・・ましてや部内コンペですので(^_^;)

先日ひどいスコアを出して以来、一度も練習してないので、当たるか不安でしたが、出だしの4ホールが物凄い出来のよさ。あわやイーグルのOKバーディとか出ちゃいまして・・・このままいったらスゴイことになる、部長に勝っちゃって良いのかな?なんて下らないことを考えてたら、それ以降はいつもの調子に急降下。まぁ、前回よりはスコアがまとまりましたので、それで良しということで。

ゴルフは普段殆どしないので、やっていると色々分ってきます。
・バックスイングの角度、疲れてくると縦に引いてしまう。
・後半になると、切り返してから下半身主導のスイングにならない。
・アプローチは一定のリズムで、打点に顔を残すように。
・パットでは、面をそのまま押し出すように・・・etc
なんてことを考えていると、「あぁ、もっとゴルフの練習したいなぁ」と思ってしまいます。浮気性なんですな(笑)

ただ、大体想像かつくのは、ゴルフを練習したらしたで、また新たな課題が出来てきてそれに頭を悩ます様になる、ということ。「ここまで出来ればOK」という割り切りが出来ない性格なんです。
格好つけると「完璧主義」といえるんですが、別の言い方をすると「減点主義」ということになります。何せ、もともとがドーナッツの穴の大きさに注目する悲観主義者なものですから、「○○が出来ない、何とかしなきゃ」をいつもいつも考えております(笑)

テニスの試合なんかでも、「これでダメなら仕方ない」という割り切りが出来た方が、絶対いい結果が出ると思います。もちろんただ開き直るだけではなく、ある程度の戦略を持った上での話しですが、基本的には必ず失点があるスポーツですので、その度に落ち込んだり、チキっていたのでは何も出来ませんし、次のポイントに集中することが出来なくなります。

仕事もまた同様で、以前N女史に「まるで社長の様にモノを言う」と評されましたが、「自分で出来るのはここまで、後は誰かがやってくれる」とか「何も指示されないから、今日はもう帰っちゃえ」という割りきりが出来ない性格です。
「責任感が強い」と言えなくもないですが、裏を返すと「自分しか見ていなく、仲間や組織の力を活用できない、発展性を阻害する性格」と言った方が正確なのでしょう。

うーん、こりゃ人生大成しそうもないですね。
宝くじでも買って、期間限定の夢でも見ることとしましょう(笑)

| | コメント (4)

より以前の記事一覧